アーティストランキング

05月26日更新
  1. クリスタルキング

    クリスタルキングは、日本のロックバンドで、ツインボーカルによる7人組ロックバンドとして名を馳せたが、現在はムッシュ吉崎によるソロプロジェクト。「大都会」をはじめ、「蜃気楼」、「瀬戸内行進曲(IN THE MOOD)」、「愛をとりもどせ!!」といったヒット曲がある。 デビューシングル「大都会」は150万枚以上のミリオンセラーを記録し、1980年の『第31回NHK紅白歌合戦』に出場。続いてリリースされた「蜃気楼」も資生堂のキャンペーンソングに起用され75万枚のヒットを記録した。『ザ・ベストテン』では「大都会」と「蜃気楼」で2曲連続1位を獲得した。
  2. コレサワ

    アーティスト情報なし
  3. Brave Girls

    アーティスト情報なし
  4. Snow Man

    アーティスト情報なし
  5. King&Prince

    King&Prince(キング&プリンス)は、2015年に結成されたジャニーズのアイドルグループである。 メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹の6人。 2015年6月5日にMr.King vs Mr.Princeとして結成、テレビ朝日のイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターに就任した。 以降は、平野、永瀬、髙橋がMr.King、岸、神宮寺、岩橋がMr.Princeと2つのグループ内ユニットとしてそれぞれ活動を行っていたが、2018年1月17日にユニバーサルミュージックの新社屋にて会見が行われ、6人でKing&PrinceとしてCDデビューすることが発表された。 同年5月23日にリリースされたデビューシングル「シンデレラガール」は、平野がメインキャストとして出演するテレビドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌に起用され、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得、2010年代のデビューシングル初週売上としては最高となる57万枚を売り上げた。
  6. MAN WITH A MISSION

    MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)は、日本のロックバンド。頭はオオカミの被り物をしている、見た目のも奇抜なロックバンド。バンド自体の結成時期は公表されておらず、またメンバーの年齢や国籍も非公開となっている。メジャーデビューアルバム『MAN WITH A MISSION』が第4回CDショップ大賞に入選し注目を浴びる。
  7. 栗原正己

    栗原正己(くりはらまさき)は、日本の作曲・編曲家、ミュージシャンである。4人組音楽グループ「栗コーダーカルテット」のメンバーとしても活動。東京都西多摩郡瑞穂町出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。 1980年代半ばより、作曲・編曲家としてのキャリアをスタートさせる。楽曲を提供したり音楽を担当した主な作品は、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』、『いないいないばあっ!』、『おかあさんといっしょ』、テレビ東京系アニメ『あずまんが大王』、テレビ東京系アニメ『毎日かあさん』、花王「キュキュット」(CM)、Sony「VAIO」(CM)、アヲハタ 「アヲハタジャム」篇(CM)など。 1992年の冬にリコーダーがマイブームとなり、1994年にリコーダーとウクレレをメインにした「栗コーダーカルテット」を結成。グループでは、リコーダー、ピアニカ、アンデス25、ウクレレ、メロフォン、エレクトリックベース等を担当している。
  8. 梅沢富美男

    アーティスト情報なし
  9. SMAP

    SMAP(スマップ)は、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルグループの一つ。メンバーは中居正広(なかいまさひろ)、木村拓哉(きむらたくや)、稲垣吾郎(いながきごろう)、草彅剛(くさなぎつよし)、香取慎吾(かとりしんご)の5人で構成されている。結成当初は森且行もいたが、オートレーサーの夢を叶えるために脱退。SMAPはアイドルとして音楽だけではなく、ドラマやバラエティ番組といった多方面の分野で活躍し、デビューから数十年を経た現在でも芸能界の第一線で活動している。名実ともに日本のトップアイドルの座に登りつめ、国民的人気を誇る。音楽分野ではデビュー当初こそ売上は芳しくなかったものの、12枚目のシングル「Hey Hey おおきに毎度あり」が初のオリコン1位に輝くとその後は数多くのヒット作に恵まれ、「夜空ノムコウ」や「らいおんハート」はミリオンヒットを記録した。またSMAPの一番の代表曲と言えるのが、ダブルミリオンを達成した「世界に一つだけの花」である。
  10. KinKi Kids

    KinKi Kids(キンキ キッズ)は日本の男性アイドルデュオで、「キンキ」と呼ばれることが多い。堂本光一(どうもとこういち)、堂本剛(どうもとつよし)の2人組。所属芸能事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジャニーズ・エンタテイメント。ジャニーズ事務所にとって初めてのデュオであり、初めての関西出身のグループとなった。 1997年7月、シングル「硝子の少年」、アルバム『A album』の同時発売でCDデビュー、共にオリコン初登場1位を獲得、ミリオンセラーを記録し、華々しいデビューを飾った。その他の代表曲「愛されるより 愛したい」、「フラワー」等でもミリオンヒットを記録。また、デビューシングルから31作連続で初登場1位を獲得し、ギネス記録を更新した。光一、剛ともにソロ活動も盛んで、舞台やバラエティ等でも活躍している。
  11. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  12. aiko

    aiko(あいこ)は、女性シンガーソングライターである。1998年に1stシングル「あした」でデビュー。この楽曲は映画「新生 トイレの花子さん」の主題歌に起用された。1999年にリリースした3rdシングル「花火」が長期間オリコンチャートにランクインし、テレビ出演も果たす。この頃からaikoの知名度は全国区へと広がっていった。2000年には2ndアルバム「桜の木の下」が週間オリコンチャートで1位を獲得。累計売上が140万枚を超える大ヒットとなり、日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。同年リリースの「ボーイフレンド」も約50万枚を売り上げ、その後もヒットを連発。日本音楽界の歌姫の一人として君臨する。10代から20代の女性層に圧倒的な支持を受け、現在も第一線で活動を続けている。代表曲は「カブトムシ」「初恋」など。
  13. 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみ(はまさきあゆみ)は日本の女性歌手、元女優、モデルで、愛称はあゆ、ayu。所属事務所はエイベックス・マネジメントで、所属レコード会社はavex trax。浜崎自身も「CREA」として、作曲を手がけている。代表曲はミリオンセラーを記録した「A」や「SEASONS」、「BLUE BIRD」ではソロ歌手および女性ボーカルでは史上初のシングル総売上2,000万枚を達成した。ファッションリーダーとしてネイルアート、大きなサングラス、豹柄などの流行を生み出し社会現象となった。