アーティストランキング

06月27日更新
  1. ディズニー

    The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)はアメリカ合衆国のエンターテインメント会社。1923年より経営を開始し、現在に至るまでアニメ映画、実写映画、テーマパークなど様々な事業を展開している。代表作は「白雪姫」「シンデレラ」「ピノキオ」「ピーターパン」「ダンボ」「アラジン」「美女と野獣」「リトルマーメイド」「リロ・アンド・スティッチ」、また実写映画ではジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ナルニア国物語」などが世界中で大ヒットしている。
  2. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  3. King&Prince

    King&Prince(キング&プリンス)は、2015年に結成されたジャニーズのアイドルグループである。 メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹の6人。 2015年6月5日にMr.King vs Mr.Princeとして結成、テレビ朝日のイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターに就任した。 以降は、平野、永瀬、髙橋がMr.King、岸、神宮寺、岩橋がMr.Princeと2つのグループ内ユニットとしてそれぞれ活動を行っていたが、2018年1月17日にユニバーサルミュージックの新社屋にて会見が行われ、6人でKing&PrinceとしてCDデビューすることが発表された。 同年5月23日にリリースされたデビューシングル「シンデレラガール」は、平野がメインキャストとして出演するテレビドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌に起用され、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得、2010年代のデビューシングル初週売上としては最高となる57万枚を売り上げた。
  4. 米津玄師

    米津玄師(よねづけんし)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、イラストレーターである。「ハチ」名義でも活動。1991年3月10日生まれ、徳島県出身。 中学2年生からMTRを使用したオリジナル曲の製作を開始し、バンドを結成。高校卒業後は、美術系の専門学校に通いながらバンド活動を行い、ボーカルとベースを担当していた。 2009年よりニコニコ動画にて、初音ミクなどのVOCALOIDを用いたオリジナル曲を「ハチ」名義で投稿し始める。「マトリョシカ」「パンダヒーロー」など、ミリオン再生を超えるヒット曲を多数生み出した。 2012年5月、本名の「米津玄師」名義で自らがボーカルを担当した1stアルバム『diorama』をリリース。2013年5月1stシングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。2014年4月発売の2ndアルバム『YANKEE』に収録されている「アイネクライネ」は、東京メトロのCMソングに起用され注目を集めた。
  5. 堀江由衣

    堀江由衣(ほりえゆい)は、日本の女性声優、歌手である。愛称はほっちゃん、ゆいちゃん。所属事務所はVIMSで、所属レーベルはスターチャイルド。オフィシャルファンクラブ「黒ネコ同盟」副会長。アニメ『ラブひな』のヒロイン・成瀬川なるを演じたことで、大ブレイクを果たす。ボーカリストでの活動も活発的で、数々のアニメのテーマ曲も担当している。代表曲は「Coloring」や「インモラリスト」、「Love Destiny」等がある。
  6. ZAYN & Zhavia Ward

    アーティスト情報なし
  7. DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は日本のバンドで、一般的な略称はドリカム。Vo.吉田美和(よしだみわ)、Ba.中村正人(なかむらまさと)の2人組。所属事務所はDCT entertainmentで、所属レコード会社はユニバーサルミュージック、DCT records。ファンクラブ名は「POWER PLANT」である。代表曲は「決戦は金曜日/太陽が見てる」「go for it!/雨の終わる場所」「サンキュ.」いずれもミリオンセラーとなり、中でも「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」は200万枚以上を売り上げた。
  8. Naomi Scott

    アーティスト情報なし
  9. 山本彩

    アーティスト情報なし
  10. あいみょん

    あいみょんは、日本のシンガーソングライター、作曲家、作詞家。兵庫県西宮市生まれ。歌手になりたいという夢を持っていた祖母や、音響関係の仕事に就く父の影響で作詞作曲を始める。音楽的ルーツは浜田省吾、フリッパーズ・ギター及び小沢健二、平井堅などの異なる性ゆえに自分とは正反対の感性で言葉を選ぶ男性のシンガーソングライターで、メロディーより歌詞の方が重要視するため歌詞の比喩表現が上手なアーティストを好む。2015年3月に、タワーレコード限定シングル「貴方解剖純愛歌~死ね~」でインディーズ・デビュー。2015年5月に初の全国流通盤となるミニアルバム『tamago』をリリース。2016年11月シングル「生きていたんだよな」発売しメジャーデビューを果たす。同シングルはドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のオープニングテーマに起用されている。
  11. 遊助

    遊助(ゆうすけ)とは、上地雄輔(かみじゆうすけ)が歌手として活動する時に使われるアーティスト名である。日本の俳優、タレント、歌手、作詞家。所属事務所はジャパン・ミュージックエンターテインメントで、所属レコード会社はソニー・ミュージックレコーズ。代表曲は「たんぽぽ」、や「ライオン」、「ミツバチ」等がある。ちなみに、自身のシングル・アルバムなどで他のアーティストをフィーチャリングする事を「遊turing」(ユーチャリング)と称している。
  12. 菅野祐悟

    アーティスト情報なし
  13. 荒井由実

    荒井由実(あらいゆみ)は、日本のミュージシャンである。愛称はユーミン。夫はアレンジャー・松任谷正隆で、彼女の音楽プロデューサーを務める。1975年に結婚し、現在は松任谷由実として活動している。彼女が始めた“見せる”ステージは、最新技術を積極的に取り入れた、コンサートの枠を超えた新たな一大エンターテイメントになっていった。代表曲は「やさしさに包まれたなら」や「ルージュの伝言」、「卒業写真」等がある。
  14. 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカル(うただひかる)は、日本の音楽家である。愛称はヒッキー。1998年12月9日デビュー。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300.0万枚を記録している。作詞・作曲・編曲を手掛け、自らプログラミングも行っている。代表曲は多数あり、「First Love」「SAKURAドロップス」「traveling」「Automatic」「光」「Flavor Of Life」「Beautiful World」など。
  15. globe

    globe(ぐろーぶ)は、1995年8月にデビューした日本の音楽ユニット。デビュー時からCDはエイベックスから発売。プライベート・レーベルavex globeからリリースされている。 デビューアルバム「globe」は400万枚を売り上げ、ダブルミリオンを記録した「DEPARTURES」を始め「Can't Stop Fallin' in Love」「FACE」など多数のメガヒットシングルがある。安室奈美恵や華原朋美、TRFらとともに小室ファミリーの一時代を築きあげた。 代表曲は他にも多数あり、「Here I am」「Judgement」「Soldier」「Perfume of love」「Love again」等がある。
  16. サザンオールスターズ

    サザンオールスターズは、1978年にデビューした日本を代表するバンドで、現在のメンバーはボーカル、ギターの桑田佳祐、ベースの関口和之、ドラムスの松田弘、キーボードの原由子、パーカッションの野沢秀行の5人となっており、たびたび活動を休止し、それぞれがソロとしての活動を行っている。 1978年6月25日にデビューシングル「勝手にシンドバッド」を発売するも売り上げは芳しくなかったが、テレビ出演が増えると共に徐々にチャートを伸ばしていった。 自身最大の293万枚を売り上げた「TSUNAMI」を始めとし、「いとしのエリー」、「チャコの海岸物語」、「エロティカ・セブン」、「彩 ~Aja~」など数々のヒット作を生み出し、2014年に発売された「東京VICTORY」までで通算55枚のシングルを発売している。 前作から活動休止期間も含めおよそ10年ぶりとなる通算15枚目のアルバム「葡萄」が2015年3月31日に発売、4月からは全国ツアーもスタートした。
  17. 家入レオ,大原櫻子&藤原さくら

    アーティスト情報なし
  18. 東山奈央

    東山奈央(とうやまなお)は、日本の声優である。2010年「神のみぞ知るセカイ」中川かのん役で声優デビューを果たす。その後、「きんいろモザイク」九条カレン役、TVアニメ「ニセコイ」桐崎千棘役、「マクロスΔ」レイナ・プラウナー役、「魔法少女育成計画」スノーホワイト役を始めとした数々の人気作品に主役級で出演。 歌手として2017年2月1日ソロデビュー。アニメ「月がきれい」のオープニングテーマ「イマココ」を歌っている。
  19. Anly+スキマスイッチ=

    Anly+スキマスイッチ=(あんりぃすきますいっち)は、ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」のエンディングテーマ『この闇を照らす光のむこうに』を歌うコラボユニットである。世代もキャリアも違う異色のコラボとなるこの曲は、何度も一緒にスタジオに入り、細部までこだわり抜かれた渾身の1曲。ミュージックビデオでは幼少の頃の3人をイメージした子供達のストーリーと、現在のAnlyが時間を越えてリンクし歌詞が視える文字となって溢れだす感動的な作品となっている。
  20. キュアミラクル(高橋李依)&キュアマジカル(堀江由衣)&キュアフェリーチェ(早見沙織)

    キュアミラクル、キュアマジカル、キュアフェリーチェは、テレビ朝日系アニメ『魔法つかいプリキュア!』に登場するキャラクターである。 朝日奈みらい(あさひなみらい)は、人間界(ナシマホウ界)の中学校に通う13歳。プリキュアになったことがきっかけで魔法学校に通うことになる。キュアミラクルに変身。キャラクターボイスは高橋李依(たかはしりえ)。 十六夜リコ(いざよいリコ)は、魔法学校に通うみらいと同じ13歳の女の子。キュアマジカルに変身する。キャラクターボイスは堀江由衣(ほりえゆい)。 花海ことは(はなみことは)は、伝説の本「リンクルスマホン」から生まれた妖精の女の子。キュアフェリーチェに変身する。キャラクターボイスは早見沙織(はやみさおり)。 キュアミラクル&キュアマジカルによる「CURE UP↑RA♡PA☆PA!~ほほえみになる魔法~」に続き、アニメ『魔法つかいプリキュア!』のエンディングテーマ第2弾「魔法アラ・ドーモ!」を3人で歌唱している。