アーティストランキング

04月12日更新
  1. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  2. BTS

    BTS(防弾少年団)は、韓国のヒップホップグループである。 所属事務所はBigHit Entertainment、日本での所属レーベルはポニーキャニオン。 グループ名の由来は、「10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬく」という意味が込められている。 メンバーは、RAP MONSTER、SUGA、JIN、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOの7人組。 2013年6月、シングル「2 COOL 4 SKOOL」で韓国デビュー。 2014年6月には「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」で日本デビューを果たす。 同年12月、日本での1stアルバム『WAKE UP』をリリースし、オリコン週間アルバムランキングで最高3位を獲得。 2015年6月にリリースした4thシングル「FOR YOU」では、オリコン週間シングルランキング1位を獲得した。 2015年の第29回日本ゴールドディスク大賞にて、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア部門)受賞。
  3. 安室奈美恵

    安室奈美恵は、日本を代表する女性歌手でありダンサー。所属事務所はヴィジョンファクトリーで所属レコード会社はエイベックス、レーベルはDimension Pointである。ソロになる前はダンスグループ「SUPER MONKEY'S」のメンバーとして芸能活動を開始、センターボーカルをつとめる。その後「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」と名義を改め、ソロデビュー作の「TRY ME~私を信じて~」が73万枚を超えるといよいよソロ活動が目立っていく。1996年9月の公演を最後にグループ活動は休止、解散となった。ソロ歌手となった安室は「TRY ME」発売直後から小室哲哉のプロデュースを受けており、次々と10代歌手としての記録を塗り替えていった。リリースする楽曲はミリオンセラーを連発し、音楽だけではなくファッションに関しても多大な影響を世間に与え、社会現象になった。日本レコード大賞や日本ゴールドディスク大賞など数々の受賞をしている。代表曲は「Can you celebrate?」「Don't wanna cry」「Chase the Chance」「A Walk In The Park」など。
  4. スピッツ

    スピッツは、日本の4人組ロックバンドである。メンバーは草野マサムネ(くさの まさむね)・三輪テツヤ(みわ てつや)・田村明浩(たむら あきひろ)・崎山龍男(ざきやま たつお)。尚、結成当初から現在までメンバーチェンジはない。彼らはそれぞれ地元から上京し、大学などの交友関係の中で知り合い、1987年に結成された。新宿ロフトや新宿JAMなどの都内ライブハウスやホコ天ライブなどを積極的に行い、その音楽性の高さや将来性から多くのレコード会社にデビューの話を持ち掛けられ、1991年にポリドールからメジャーデビューを果たす。8thのシングルである「空も飛べるはず」が初のオリコンチャート1位を記録し、その後も「チェリー」や「渚」「スカーレット」が連続して1位になるなど数々の名曲を世に送り出し、日本の音楽界を彩ってきた。
  5. いきものがかり

    いきものがかりは日本の音楽グループである。メンバーはVo.吉岡聖恵(よしおかきよえ)、Gt.水野良樹(みずのよしき)、Gt.山下穂尊(やましたほたか)の3人組。バンド名は、結成した際の水野と山下の唯一の共通点が小学生時代に金魚に餌をあげる「生き物係」であったことに由来している。プロデューサーは2009年から本間昭光(ほんまあきみつ)が担当。所属事務所はCUBE Groupで、所属レコード会社はEPIC Recordsである。ファンクラブ名は「いきものがかりファンクラス1年2組」。代表曲はデビュー作「SAKURA」、「じょいふる」や「ありがとう」等がある。
  6. King&Prince

    King&Prince(キング&プリンス)は、2015年に結成されたジャニーズのアイドルグループである。 メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹の6人。 2015年6月5日にMr.King vs Mr.Princeとして結成、テレビ朝日のイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターに就任した。 以降は、平野、永瀬、髙橋がMr.King、岸、神宮寺、岩橋がMr.Princeと2つのグループ内ユニットとしてそれぞれ活動を行っていたが、2018年1月17日にユニバーサルミュージックの新社屋にて会見が行われ、6人でKing&PrinceとしてCDデビューすることが発表された。 同年5月23日にリリースされたデビューシングル「シンデレラガール」は、平野がメインキャストとして出演するテレビドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌に起用され、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得、2010年代のデビューシングル初週売上としては最高となる57万枚を売り上げた。
  7. 米津玄師

    米津玄師(よねづけんし)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、イラストレーターである。「ハチ」名義でも活動。1991年3月10日生まれ、徳島県出身。 中学2年生からMTRを使用したオリジナル曲の製作を開始し、バンドを結成。高校卒業後は、美術系の専門学校に通いながらバンド活動を行い、ボーカルとベースを担当していた。 2009年よりニコニコ動画にて、初音ミクなどのVOCALOIDを用いたオリジナル曲を「ハチ」名義で投稿し始める。「マトリョシカ」「パンダヒーロー」など、ミリオン再生を超えるヒット曲を多数生み出した。 2012年5月、本名の「米津玄師」名義で自らがボーカルを担当した1stアルバム『diorama』をリリース。2013年5月1stシングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。2014年4月発売の2ndアルバム『YANKEE』に収録されている「アイネクライネ」は、東京メトロのCMソングに起用され注目を集めた。
  8. ONE OK ROCK

    ONE OK ROCK(ワンオクロック)は、日本のロックバンドである。メンバーはTaka(ボーカル)、Toru(ボーカル&ギター)、Ryota(ベース)、Tomoya(ドラムス)の4人組。バンド名の由来は、リハーサルの際、スタジオに入るのがいつも午後1時(one o'clock)だったことから、このバンド名がつけられた。代表曲は「The Beginning」や「完全感覚Dreamer」、「アンサイズニア」等がある。
  9. LiSA

    LiSA(リサ)は、日本の女性歌手である。ロックバンド「Love is Same All」のボーカリストで、バンド名は「LiSA」という名前から命名。テレビアニメ『Angel Beats!』の作中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイ役の歌い手となった。その活動終了後、ミニアルバム『Letters to U』でソロデビューを果たす。代表曲は「Little Braver」や「一番の宝物 ~Yui final ver.~」、「oath sign」等がある。
  10. 佐藤直紀

    佐藤直紀(さとうなおき)は、日本の作曲家、編曲家である。1970年5月2日生まれ、千葉県出身。 1989年、東京音楽大学作曲科に入学し、1993年卒業。卒業後は、映画、ドラマ、アニメ、CM、ミュージカルなどの音楽、主題歌、挿入歌、の作曲・編曲を数多く手掛けている。 代表的な作品は、映画『海猿』(2004年)、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『BALLAD 名もなき恋のうた』(2009年)、『永遠の0』(2013年)、『るろうに剣心』シリーズ、CX系ドラマ『ウォーターボーイズ』(2003年)、TBS系『オレンジデイズ』(2004年)、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)、NHK連続テレビ小説『カーネーション』(2011年)、ANB系アニメ『ふたりはプリキュア』(2004年)、TBS系『交響詩篇エウレカセブン』(2005年)など。 2006年3月、『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を受賞した。
  11. ディズニー

    The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)はアメリカ合衆国のエンターテインメント会社。1923年より経営を開始し、現在に至るまでアニメ映画、実写映画、テーマパークなど様々な事業を展開している。代表作は「白雪姫」「シンデレラ」「ピノキオ」「ピーターパン」「ダンボ」「アラジン」「美女と野獣」「リトルマーメイド」「リロ・アンド・スティッチ」、また実写映画ではジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ナルニア国物語」などが世界中で大ヒットしている。
  12. サザンオールスターズ

    サザンオールスターズは、1978年にデビューした日本を代表するバンドで、現在のメンバーはボーカル、ギターの桑田佳祐、ベースの関口和之、ドラムスの松田弘、キーボードの原由子、パーカッションの野沢秀行の5人となっており、たびたび活動を休止し、それぞれがソロとしての活動を行っている。 1978年6月25日にデビューシングル「勝手にシンドバッド」を発売するも売り上げは芳しくなかったが、テレビ出演が増えると共に徐々にチャートを伸ばしていった。 自身最大の293万枚を売り上げた「TSUNAMI」を始めとし、「いとしのエリー」、「チャコの海岸物語」、「エロティカ・セブン」、「彩 ~Aja~」など数々のヒット作を生み出し、2014年に発売された「東京VICTORY」までで通算55枚のシングルを発売している。 前作から活動休止期間も含めおよそ10年ぶりとなる通算15枚目のアルバム「葡萄」が2015年3月31日に発売、4月からは全国ツアーもスタートした。
  13. MISIA

    MISIA(ミーシャ)は、日本の女性歌手である。1978年7月7日生まれ、長崎県出身。5オクターブの音域と圧倒的な歌唱力を持つ。幼少期を過ごした長崎県・対馬の教会でゴスペルに触れ、高校に進学後、黒人のボイストレーナーに師事する。1998年2月、シングル「つつみ込むように…」でデビュー。同年6月にリリースされた1stアルバム『Mother Father Brother Sister』は、300万枚近い売り上げを記録した。その後も、R&Bからバラードまで数多くのヒット曲を生んでいる。 また社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、2010年3月、国連より「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)名誉大使に任命された。 代表曲は、CX系ドラマ「やまとなでしこ」主題歌「Everything」、ソルトレーク・シティ・オリンピック・NHKテーマソング「果てなく続くストーリー」、TBS系ドラマ「JIN-仁-」主題歌「逢いたくていま」など。
  14. NiziU

    アーティスト情報なし
  15. 菅田将暉

    菅田将暉(すだまさき)は、日本の俳優である。2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選し、その後2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、このコンテストがきっかけで所属事務所が決定した。 2013年には主演した「共食い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。 KDDIのTVCM「au三太郎シリーズ」の鬼ちゃん役で大ブレイク。「au BLUE CHALLENGE」のCMソングである「見たこともない景色」を歌っている。
  16. あいみょん

    あいみょんは、日本のシンガーソングライター、作曲家、作詞家。兵庫県西宮市生まれ。歌手になりたいという夢を持っていた祖母や、音響関係の仕事に就く父の影響で作詞作曲を始める。音楽的ルーツは浜田省吾、フリッパーズ・ギター及び小沢健二、平井堅などの異なる性ゆえに自分とは正反対の感性で言葉を選ぶ男性のシンガーソングライターで、メロディーより歌詞の方が重要視するため歌詞の比喩表現が上手なアーティストを好む。2015年3月に、タワーレコード限定シングル「貴方解剖純愛歌~死ね~」でインディーズ・デビュー。2015年5月に初の全国流通盤となるミニアルバム『tamago』をリリース。2016年11月シングル「生きていたんだよな」発売しメジャーデビューを果たす。同シングルはドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のオープニングテーマに起用されている。
  17. Idina Menzel

    Idina Menzel(イディナ・メンゼル)は、アメリカ合衆国の女優、歌手である。1971年5月30日生まれ、ニューヨーク州ロングアイランド出身。 1996年、ミュージカル『Rent(レント)』で、主人公の元恋人役・モーリーン役を演じ、ブロードウェイデビュー。トニー賞にノミネートされるなど高く評価され、一躍注目を集めた。 2003年にミュージカル『Wicked(ウィキッド/ウィケッド)』に出演。全身緑色をした西の悪い魔女エルファバ役を演じ、今作で2004年のトーミー賞ミュージカル主演女優賞を受賞した。 ブロードウェイ・ミュージカルの出演を中心に、ドラマ『glee(グリー)』への出演や、歌手としてもアルバムをリリースしている。 2013年にアメリカで公開され、日本でも翌2014年に公開されたディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』では、雪の女王・エルサの声を演じた。劇中では、映画の主題歌にもなっている「Let it go(レット・イット・ゴー)」を、センセーショナルに歌い上げた。
  18. 星野源

    星野源(ほしのげん)は、日本の俳優、ミュージシャン、作曲家、作詞家である。埼玉県出身。インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのリーダーとして、主にギターとマリンバを担当。所属はカクバリズム(音楽業)、大人計画事務所(俳優業)。文筆家としても多数の連載を抱えている。2ndアルバム『エピソード』は、オリコン・ウィークリーチャートで5位を獲得した。代表曲は「夢の外へ」や「フィルム」、「くだらないの中に」等がある。
  19. 秦基博

    アーティスト情報なし
  20. 西野カナ

    西野カナ(にしのカナ)は日本の女性歌手で、愛称は「カナやん」。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツで、所属レコード会社はエスエムイーレコーズ。16歳の時に、母親が応募したオーディションで、応募総数約4万人の中で最高の評価を得た。代表曲は「会いたくて 会いたくて」や「Best Friend」、「Distance」等がある。デビューからわずか3年で、着うた・フルの総ダウンロード数が2500万を突破した。