アーティストランキング

01月20日更新
  1. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  2. SMAP

    SMAP(スマップ)は、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルグループの一つ。メンバーは中居正広(なかいまさひろ)、木村拓哉(きむらたくや)、稲垣吾郎(いながきごろう)、草彅剛(くさなぎつよし)、香取慎吾(かとりしんご)の5人で構成されている。結成当初は森且行もいたが、オートレーサーの夢を叶えるために脱退。SMAPはアイドルとして音楽だけではなく、ドラマやバラエティ番組といった多方面の分野で活躍し、デビューから数十年を経た現在でも芸能界の第一線で活動している。名実ともに日本のトップアイドルの座に登りつめ、国民的人気を誇る。音楽分野ではデビュー当初こそ売上は芳しくなかったものの、12枚目のシングル「Hey Hey おおきに毎度あり」が初のオリコン1位に輝くとその後は数多くのヒット作に恵まれ、「夜空ノムコウ」や「らいおんハート」はミリオンヒットを記録した。またSMAPの一番の代表曲と言えるのが、ダブルミリオンを達成した「世界に一つだけの花」である。
  3. 米津玄師

    米津玄師(よねづけんし)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、イラストレーターである。「ハチ」名義でも活動。1991年3月10日生まれ、徳島県出身。 中学2年生からMTRを使用したオリジナル曲の製作を開始し、バンドを結成。高校卒業後は、美術系の専門学校に通いながらバンド活動を行い、ボーカルとベースを担当していた。 2009年よりニコニコ動画にて、初音ミクなどのVOCALOIDを用いたオリジナル曲を「ハチ」名義で投稿し始める。「マトリョシカ」「パンダヒーロー」など、ミリオン再生を超えるヒット曲を多数生み出した。 2012年5月、本名の「米津玄師」名義で自らがボーカルを担当した1stアルバム『diorama』をリリース。2013年5月1stシングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。2014年4月発売の2ndアルバム『YANKEE』に収録されている「アイネクライネ」は、東京メトロのCMソングに起用され注目を集めた。
  4. YOASOBI

    アーティスト情報なし
  5. あいみょん

    あいみょんは、日本のシンガーソングライター、作曲家、作詞家。兵庫県西宮市生まれ。歌手になりたいという夢を持っていた祖母や、音響関係の仕事に就く父の影響で作詞作曲を始める。音楽的ルーツは浜田省吾、フリッパーズ・ギター及び小沢健二、平井堅などの異なる性ゆえに自分とは正反対の感性で言葉を選ぶ男性のシンガーソングライターで、メロディーより歌詞の方が重要視するため歌詞の比喩表現が上手なアーティストを好む。2015年3月に、タワーレコード限定シングル「貴方解剖純愛歌~死ね~」でインディーズ・デビュー。2015年5月に初の全国流通盤となるミニアルバム『tamago』をリリース。2016年11月シングル「生きていたんだよな」発売しメジャーデビューを果たす。同シングルはドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のオープニングテーマに起用されている。
  6. 服部克久

    服部克久(はっとりかつひさ)は、日本の作曲家、編曲家である。1936年11月1日生まれ、東京都出身。パリ国立高等音楽院修了。作曲家の服部良一の長男として生まれ、幼い頃より音楽の英才教育を受ける。高校卒業後にパリ国立高等音楽院へ留学。1958年、卒業後に帰国し、テレビ番組の音楽を担当するようになる。 音楽を担当した主な作品は、CX系「ミュージックフェア」(1964年~)、TBS系「ザ・ベストテン」(1978年~1989年)、CX系アニメ「トム・ソーヤーの冒険」(1980年)、アニメ映画「北斗の拳」(1986年)、NHK連続テレビ小説「わかば」(2004年)など。テレビ番組、アニメ、ドラマ、映画、ラジオなど数多くの音楽を担当。また、福島&新潟競馬場のファンファーレや、学校の校歌なども作曲している。 日本作編曲家協会(JCAA)会長、日本音楽作家団体協議会(FCA)会長、 日本作曲家協会(JACOMPA)会長を務める。
  7. Metallica

    Metallica(メタリカ)は、1981年にジェイムズ・ヘットフィールド (Vo/G) とラーズ・ウルリッヒ (Dr) らが中心になって結成された、アメリカ合衆国のロサンゼルス出身のヘヴィメタル・バンドである。1990年代には全米アルバム総売り上げ4位を記録するなど、商業的な成功を得ている。代表曲は「Master of Puppets」など。
  8. 嵐(大野智)

    大野 智(おおの さとし1980年11月26日生まれ)は、日本の歌手、俳優、タレント、アイドルグループ嵐のメンバーである。 愛称は「おおちゃん」「リーダー」。東京都三鷹市出身。ジャニーズ事務所所属。 ジャニーズ事務所入りを勧めたのは母親だったが、本人は反発した。どうせ落ちるからと言われて納得しオーディションに行くことを了承した。 リズム感のよさを社長に認められ、ジャニーズ事務所に入所。 ジャニーズJr.内で歌が上手く、ダンスも先輩たちのバックダンサーを 務める頃には「新人Jr.は大野の後ろで踊れ」と言われたほどのダンスの実力の持ち主である。 1994年11月2日、TOKIOの武道館コンサートにて初仕事。1995年12月6日、Junichi&JJrの一員として「0点チャンピオン」でCDデビュー。 1999年9月15日に「嵐」としてデビュー。11月3日「A・RA・SHI」でCDデビュー。 嵐のリーダーであり、メインボーカルである。CM曲を担当したり、別名義でソロシングルをリリース。 嵐のコンサートでは、曲の振り付けも手がけている。友達の影響で小学校3年生のころからドラゴンボールの模写絵を描き始め、 イラストレーターを目指していた時期もあった。芸能活動と並行して創作活動を続け、公式携帯サイトではイラストを公開している。 また、アルバムの中ではソロ曲も発表しており、「two」、「Imaging Crazy」「静かな夜に」「だいじな会話」などがある。 ちなみに、嵐の結成までは、櫻井、二宮、松本は夏前からレコーディングや振り付けを行っていたが、CDデビューすることは知らされていなかった。結成まで半数以上がデビューに対して後ろ向きであった。1999年9月15日、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビュー記者会見をする。 この時に初めて、嵐の結成、およびCDデビューが発表された。 「嵐」の名前の由来は、世界中に嵐を巻き起こすと言う意味で、 デビュー時に、嵐を世界中に巻き起こすと宣言した。 また、頭文字である「あ」や「A」がそれぞれ平仮名とアルファベットにおいて先頭にくる文字であるため、トップになりたいという願いも込められている。
  9. 光GENJI

    アーティスト情報なし
  10. イルカ

    イルカは、日本のフォークシンガー、絵本作家である。本名は神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓は保坂(ほさか)。芸名の由来は、女子美術大学のフォークソング同好会に在籍していた当時、皆がギターケースを持って帰る姿を見て「イルカの群れみたい」と言ったのがきっかけで、周囲からイルカと呼ばれるようになった。 1970年、シュリークスのメンバーとしてデビュー。 1974年、「あの頃のぼくは」でソロデビュー。 翌1975年から1976年に掛けて、かぐや姫のメンバー伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」をカバーして大ヒットした。ほか1977年に「雨の物語」、1979年に「海岸通」(風・伊勢正三の作詞・作曲によるカバー)などもヒットした。
  11. Minnie Riperton

    Minnie Riperton(ミニー・リパートン)はアメリカ合衆国の歌手である。所属レコード会社はキャピトル・レコード。5オクターブもの広い声域をもっている。スティーヴィー・ワンダーと親交が深いく、彼のプロデュースにより、アルバム「PERFECT ANGEL」をリリース。このアルバムからシングルカットされた「Lovin' You 」は全米で大ヒットした。
  12. すぎやまこういち

    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一)は、日本の作曲家である。ゲーム作品『ドラゴンクエストシリーズ』では作曲を一貫して担当している。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、国家基本問題研究所評議員などでもある。以前はテレビディレクターとして数多くの音楽番組を手がけていたが、フリーディレクターになり、作曲活動に専念することを決め現在に至る。代表作品はゲームの『ドラゴンクエスト』や『不思議のダンジョン』、「亜麻色の髪の乙女」等がある。
  13. Baek Yerin

    エリアン・ペク・イェリンは、イェリン・ペクとも呼ばれ、韓国のシンガーソングライターです。デュオ15&の元メンバーである彼女は、2015年にミニアルバムFrankでソロアーティストとしてデビューしました。
  14. 須田景凪

    アーティスト情報なし
  15. 嵐(相葉雅紀,大野智,櫻井翔)

    嵐が2017年にリリースした16枚目のアルバム『「untitled」』、このアルバムの通常盤には初めてユニット曲が収録されており、「バズりNIGHT」は相葉雅紀、大野智、櫻井翔の3人によって歌われている。 相葉雅紀:1982年12月24日生まれ、他のメンバーが全員東京都出身のA型の中、唯一千葉県出身のAB型である。2016年にはNHK紅白歌合戦で単独で司会を勤め、美空ひばり以来46年ぶり史上2人目の司会&大トリの大役を果たしている。 大野智:1980年11月26日生まれ、嵐のリーダーでメインボーカル、コンサートでは振り付けも手がけている。芸能活動と並行して創作活動を続け、個展を開催したり作品集を発売するなど高い評価を得ている。 櫻井翔:1982年1月25日生まれ、嵐の楽曲におけるラップ詞を全て手がけており、通称サクラップと呼ばれている。ニュースキャスターとしても活躍しており、オリンピックのメインキャスターも勤めている。
  16. Julia Claris

    Julia Claris(ジュリア・クラリス)は作曲家である。 新日本プロレス所属のプロレスラー、棚橋弘至(たなはしひろし)の入場曲「HIGH ENERGY」(ハイ・エナジー)を作曲。 同じく新日本プロレス所属のプロレスラー、中邑真輔(なかむらしんすけ)の入場曲「Subconscious」(サブコンシャス)も作曲している。 両曲は、新日本プロレスの創設40周年を記念して、団体のテーマ曲やプロレスラーの入場曲を収録した、2012年12月リリースのオムニバス・サウンドトラック・アルバム『NJPWグレイテストミュージック』にも収録されている。 また、入場曲「HIGH ENERGY」のCDと棚橋弘至のミュージッククリップ・インタビュー映像のDVDを収録したシングル「HIGH ENERGY」や、入場テーマ曲「Subconscious」のCDに中邑真輔のスペシャルフォトブック・スペシャルDVDが付録されたシングル「Subconscious」も発売されている。
  17. LiSA

    LiSA(リサ)は、日本の女性歌手である。ロックバンド「Love is Same All」のボーカリストで、バンド名は「LiSA」という名前から命名。テレビアニメ『Angel Beats!』の作中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイ役の歌い手となった。その活動終了後、ミニアルバム『Letters to U』でソロデビューを果たす。代表曲は「Little Braver」や「一番の宝物 ~Yui final ver.~」、「oath sign」等がある。
  18. SEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI(せかいのおわり)とは、2007年に結成された日本のバンドで、略称はセカオワ。メンバーは深瀬慧(ふかせさとし)、中島真一(なかじましんいち)、藤崎彩織(ふじさきさおり)、LOVE(ラブ)の4人組。所属事務所はLastrumで、所属レコード会社はTOY'S FACTORY。代表曲は「INORI」や「スターライトパレード」、「眠り姫」等がある。バンド名は「色々上手くいかなくて、自分にとって世界が終わったような生活を送っていた頃に、残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう、という想いを込めて。」
  19. 栗原正己

    栗原正己(くりはらまさき)は、日本の作曲・編曲家、ミュージシャンである。4人組音楽グループ「栗コーダーカルテット」のメンバーとしても活動。東京都西多摩郡瑞穂町出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。 1980年代半ばより、作曲・編曲家としてのキャリアをスタートさせる。楽曲を提供したり音楽を担当した主な作品は、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』、『いないいないばあっ!』、『おかあさんといっしょ』、テレビ東京系アニメ『あずまんが大王』、テレビ東京系アニメ『毎日かあさん』、花王「キュキュット」(CM)、Sony「VAIO」(CM)、アヲハタ 「アヲハタジャム」篇(CM)など。 1992年の冬にリコーダーがマイブームとなり、1994年にリコーダーとウクレレをメインにした「栗コーダーカルテット」を結成。グループでは、リコーダー、ピアニカ、アンデス25、ウクレレ、メロフォン、エレクトリックベース等を担当している。
  20. 水谷豊

    アーティスト情報なし