アーティストランキング

09月27日更新
  1. すぎやまこういち

    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一)は、日本の作曲家である。ゲーム作品『ドラゴンクエストシリーズ』では作曲を一貫して担当している。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、国家基本問題研究所評議員などでもある。以前はテレビディレクターとして数多くの音楽番組を手がけていたが、フリーディレクターになり、作曲活動に専念することを決め現在に至る。代表作品はゲームの『ドラゴンクエスト』や『不思議のダンジョン』、「亜麻色の髪の乙女」等がある。
  2. SKE48

    SKE48(エスケーイー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループ。メンバーは松井珠理奈(まついじゅりな)、松井玲奈(まついれな)、高柳明音(たかやなぎあかね)、大矢真那(おおやまさな)、矢神久美(やがみくみ)等がいる。秋元康の全面プロデュースにより、2008年に誕生し中京圏を中心に活動。「SKE」は、劇場の所在地である名古屋市中区・栄(SaKaE)に由来する。楽曲は全て、代表曲は「アイシテラブル!」や「パレオはエメラルド」、「バンザイVenus」等がある。
  3. ディズニー

    The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)はアメリカ合衆国のエンターテインメント会社。1923年より経営を開始し、現在に至るまでアニメ映画、実写映画、テーマパークなど様々な事業を展開している。代表作は「白雪姫」「シンデレラ」「ピノキオ」「ピーターパン」「ダンボ」「アラジン」「美女と野獣」「リトルマーメイド」「リロ・アンド・スティッチ」、また実写映画ではジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ナルニア国物語」などが世界中で大ヒットしている。
  4. 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団(たからづかかげきだん)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団である。1914年に初の公演を行って以来、今日も人気を集める未婚の女性だけで構成された歌劇団である。現在は花(はな)・月(つき)・雪(ゆき)・星(ほし)・宙(そら)の5組と、いずれの組にも所属しない専科に分かれている。「宝塚」「ヅカ」などと略して呼ばれることも多い。団員たちは「タカラジェンヌ」の愛称で親しまれている。
  5. SOUL'd OUT

    SOUL'd OUT (ソウルド アウト)とは日本のスリーピース音楽ユニットである。メンバーはDiggy-MO'(ディギー・モー)、Bro.Hi(ブラザー・ハイ)、Shinnosuke(シンノスケ)。所属レコード会社であるエスエムイーレコーズから2003年に「ウェカピポ」でメジャーデビュー。ブラック、ダンス、ポップス等の多彩な音楽性を 持ち合わせている。代表曲は「To All Tha Dreamers」や「TOKYO通信 ~Urbs Communication~」等がある。
  6. KinKi Kids

    KinKi Kids(キンキ キッズ)は日本の男性アイドルデュオで、「キンキ」と呼ばれることが多い。堂本光一(どうもとこういち)、堂本剛(どうもとつよし)の2人組。所属芸能事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジャニーズ・エンタテイメント。ジャニーズ事務所にとって初めてのデュオであり、初めての関西出身のグループとなった。 1997年7月、シングル「硝子の少年」、アルバム『A album』の同時発売でCDデビュー、共にオリコン初登場1位を獲得、ミリオンセラーを記録し、華々しいデビューを飾った。その他の代表曲「愛されるより 愛したい」、「フラワー」等でもミリオンヒットを記録。また、デビューシングルから31作連続で初登場1位を獲得し、ギネス記録を更新した。光一、剛ともにソロ活動も盛んで、舞台やバラエティ等でも活躍している。
  7. Snow Man

    アーティスト情報なし
  8. 久石譲

    久石譲(ひさいしじょう)は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、指揮者である。 1950年12月6日生まれ、長野県中野市出身。 4歳からヴァイオリンを習い始め、幼少の頃は父親に連れられ年間300本もの映画を見ていた。 国立音楽大学作曲科在学中からコンサートのプロデュースや楽曲提供を行う。 またミニマル・ミュージックに影響を受け、現代音楽の作曲家として活動を開始する。 1984年、宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』の音楽を担当。 以降『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』などのジブリ映画を担当し、作曲家としての地位を確立する。 その他、北野武監督の映画『HANA-BI』や、滝田洋二郎監督の映画『おくりびと』など、映画を中心とした有名作品の音楽を続々と手がける。 また2001年には映画『Quartet カルテット』で自ら監督デビューを果たした。 その他の代表的な映画作品は、『紅の豚』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』、『菊次郎の夏』、『釣りバカ日誌2』、『男たちの大和/YAMATO』、『私は貝になりたい』、『悪人』、『東京家族』など。
  9. SMAP

    SMAP(スマップ)は、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルグループの一つ。メンバーは中居正広(なかいまさひろ)、木村拓哉(きむらたくや)、稲垣吾郎(いながきごろう)、草彅剛(くさなぎつよし)、香取慎吾(かとりしんご)の5人で構成されている。結成当初は森且行もいたが、オートレーサーの夢を叶えるために脱退。SMAPはアイドルとして音楽だけではなく、ドラマやバラエティ番組といった多方面の分野で活躍し、デビューから数十年を経た現在でも芸能界の第一線で活動している。名実ともに日本のトップアイドルの座に登りつめ、国民的人気を誇る。音楽分野ではデビュー当初こそ売上は芳しくなかったものの、12枚目のシングル「Hey Hey おおきに毎度あり」が初のオリコン1位に輝くとその後は数多くのヒット作に恵まれ、「夜空ノムコウ」や「らいおんハート」はミリオンヒットを記録した。またSMAPの一番の代表曲と言えるのが、ダブルミリオンを達成した「世界に一つだけの花」である。
  10. なにわ男子

    アーティスト情報なし
  11. Kristen Bell & Idina Menzel

    Kristen Bell & Idina Menzel(クリスティン・ベル・アンド・イディナ・メンゼル)は、ディズニー映画「アナと雪の女王」で姉妹のヒロインの声を演じた、クリスティン・ベルとイディナ・メンゼルによるデュエットである。 クリスティン・ベルは、1980年7月18日、ミシガン州生まれの女優。「アナと雪の女王」では、主人公・アナを演じている。 イディナ・メンゼルは、1971年5月30日、ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。ミュージカル『ウィキッド』でトニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したミュージカル女優。「アナと雪の女王」では、アナの姉で雪の女王・エルサを演じた。 映画の挿入歌「生まれて初めて(For the First Time in Forever)」を2人で歌唱している。 「アナと雪の女王」は2013年にアメリカで公開され、第86回アカデミー賞では長編アニメ賞と、主題歌「Let it go(レット・イット・ゴー)」が歌曲賞を受賞。映画と共にサントラCDがヒットするなど、音楽にも注目が集まる作品となった。 日本語吹き替えでは、アナの声を神田沙也加が、エルサの声を松たか子が演じ、同曲も2人でデュエットしている。
  12. back number

    back number(バックナンバー)は、日本の3人組バンドグループである。2004年に群馬にて結成。メンバーは清水依与吏(しみずいより)、小島和也(こじまかずや)、栗原寿(くりはらひさし)の3人組。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。他とは一線を画す切なすぎる歌詞と美しすぎるメロディで人気を博している。代表曲は「日曜日」や「思い出せなくなるその日まで」、「花束」等がある。
  13. テレサ・テン

    テレサ・テンとは、台湾出身の女性歌手で、1967年代から1995年に亡くなるまで、アジアの歌姫と呼ばれるほどの活躍をしました。アジア各国での人気はすごいもので、日本でも多くの人の心をゆさぶる歌をたくさん歌いました。歌唱コンテストで優勝したことからデビューし、アジアを中心に活動し、日本のレコード大賞も受賞しました。42歳という若さで亡くなったあと今でも、多くの人が彼女の曲を愛し、聴き続けています。 テレサ・テンの数ある代表曲の中でももっとも有名なものは、『時の流れに身をまかせ』で、実際に彼女の歌っている様子を見たことがない人でも一度は必ず聞いたことのあるような名曲です。日本語の曲ではありますが、中国語でのカバーもされている曲です。そのほか、『つぐない』や『愛人』などが特に代表的な曲です。彼女のきれいな声と素晴らしい歌唱力を発揮することのできる楽曲が多いことが特徴です。彼女の曲は人に感動を与えるという評価があります。
  14. 五木ひろし

    五木ひろしは、代表曲に「居酒屋」「汽笛」「おしどり」など他にも数えきれないほどのヒット曲を持ち、現在アーティストシングルトータルセールス男性ソロ部門第一位をキープし続け、TOP100チャートイン作品数、TOP100総登場週数ともに1位を守っています。 その功績が認められ、2007年には天皇の名で様々な分野で活躍した人に授与される紫綬褒章を受章しています。 1964年、コロムビア全国歌謡コンクールで優勝し、松山まさるとして「新宿の駅から/信濃路の果て」でデビューしましたがヒット曲に恵まれず、1971年に五木ひろしとして再出発します。芸名を変えて初のシングル「よこはま、たそがれ」は65万枚のセールスになり、オリコンチャート1位を獲得、セカンドシングル「長崎から船に乗って」も45万枚のセールスで4位を獲得し、その年には日本レコードセールス大賞男性新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場を成し遂げました。それから2013年まで、連続出場を続けています。
  15. Avril Lavigne

    Avril Lavigneは1984年生まれのカナダ出身のシンガーソングライターです。日本語では「アヴリル・ラヴィーン」と表記されます。2002のデビューからヒットを飛ばし続けています。 音楽的なルールはロック・パンク・オルタナティブ・グランジで、アイドル的なルックスとは裏腹にロックを基調としたサウンドにパワフルな歌声を聴かせています。デビューアルバムの「Let Go」は全世界で売り上げを伸ばし、6回もプラチナディスクに選ばれるという快挙を残しました。また、続く2枚のアルバムもヒットを飛ばし、アメリカビルボードチャートでも一位を飾りました。プライベートではsum41のデリック、ニッケルバックのチャドと2度目の結婚をしています。 彼女の代表曲は「Sk8er Boi」はスケーター文化を反映した曲で、ミュージックビデオもロサンゼルスの街角で撮影されたものとなっています。この曲はアメリカの多くのティーンの支持を集め、アヴリルを一躍ティーンのアイコンへと押し上げました。
  16. Traditional

    アーティスト情報なし
  17. 稲垣潤一

    稲垣潤一(いながきじゅんいち)は、日本の歌手、ミュージシャンである。本名同じ。 宮城県仙台市宮城野区出身。血液型はO型。身長173cm。 中学に入り本格的なバンド活動を始め、仙台にて「フェイセス」を結成。 1982年「雨のリグレット」でデビュー。 「思い出のビーチクラブ」(カナダドライ・ジンジャーエールCMソング)、「セブンティ・カラーズ・ガール」(春のカネボウ化粧品CMソング)、「APRIL」(三洋電機)などのCMソングも多数。 代表曲は、クリスマスキャロルの頃には、ドラマティックレインなど。
  18. 琴音

    アーティスト情報なし
  19. Ado

    アーティスト情報なし
  20. YOASOBI

    アーティスト情報なし