アーティストランキング

09月22日更新
  1. 安室奈美恵

    安室奈美恵は、日本を代表する女性歌手でありダンサー。所属事務所はヴィジョンファクトリーで所属レコード会社はエイベックス、レーベルはDimension Pointである。ソロになる前はダンスグループ「SUPER MONKEY'S」のメンバーとして芸能活動を開始、センターボーカルをつとめる。その後「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」と名義を改め、ソロデビュー作の「TRY ME~私を信じて~」が73万枚を超えるといよいよソロ活動が目立っていく。1996年9月の公演を最後にグループ活動は休止、解散となった。ソロ歌手となった安室は「TRY ME」発売直後から小室哲哉のプロデュースを受けており、次々と10代歌手としての記録を塗り替えていった。リリースする楽曲はミリオンセラーを連発し、音楽だけではなくファッションに関しても多大な影響を世間に与え、社会現象になった。日本レコード大賞や日本ゴールドディスク大賞など数々の受賞をしている。代表曲は「Can you celebrate?」「Don't wanna cry」「Chase the Chance」「A Walk In The Park」など。
  2. AKB48

    AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2005年に誕生した。メンバーは前田敦子(まえだあつこ)、大島優子(おおしまゆうこ)、篠田麻里子(しのだまりこ)、板野友美(いたのともみ)他、4チーム64人体制。プロデューサーは秋元康である。所属事務所はAKS、ホリプロ、太田プロダクション等(メンバーによって異なる)で、所属レコード会社はAKS、キングレコード。代表曲はレコード大賞を受賞した「フライングゲット」、「Everyday、カチューシャ」はいずれもミリオンセラーを記録。他にも数々の記録を残している。
  3. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  4. すぎやまこういち

    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一)は、日本の作曲家である。ゲーム作品『ドラゴンクエストシリーズ』では作曲を一貫して担当している。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、国家基本問題研究所評議員などでもある。以前はテレビディレクターとして数多くの音楽番組を手がけていたが、フリーディレクターになり、作曲活動に専念することを決め現在に至る。代表作品はゲームの『ドラゴンクエスト』や『不思議のダンジョン』、「亜麻色の髪の乙女」等がある。
  5. Mr.Children

    Mr.Children(ミスターチルドレン)は日本のロックバンドで「ミスチル」と呼ばれることが多い。メンバーはVo.桜井和寿(さくらいかずとし)、Gt.田原健一(たはらけんいち)、Ba.中川敬輔(なかがわけいすけ)、Dr.鈴木英哉(すずきひでや)の4人組。プロデューサーは小林武史(こばやしたけし)がデビュー当時から担当している。所属事務所は烏龍舎で所属レコード会社はトイズファクトリーである。ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。代表曲は、日本レコード大賞を受賞したコカ・コーラ「アクエリアス」CMソング「innocent world」や、妻夫木聡主演のTBS系ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌「Sign」、CX系ドラマ「若者のすべて」の主題歌でミリオンセラーを記録した「Tomorrow never knows」、CX系ドラマ「ピュア」主題歌「名もなき詩」、ノンタイアップシングル歴代1位の売上を記録した「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」等がある。
  6. 福山雅治

    福山雅治(ふくやままさはる)はシンガーソングライター、俳優である。愛称は「ましゃ」「ましゃ兄」「ましゃはる」「マサジ」等。所属事務所はアミューズで、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。1969年2月6生まれ、長崎県出身。 1988年、映画『ほんの5g』で俳優デビューし、1990年、1stシングル「追憶の雨の中」で歌手デビュー。1994年にリリースした9枚目のシングル「IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY」で、自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得した。続く10枚目のシングル「HELLO」もオリコン初登場1位を獲得し、2作連続でミリオンセラーを達成した。2005年、TBS系の恋愛バラエティ番組「ウンナンのホントコ! 未来日記 V」のテーマソングになった「桜坂」はダブルミリオンを達成している。 歌手や、俳優の他にもラジオDJ、ギタリスト、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、写真家等、多方面で活躍している。
  7. 亀と山P

    亀と山P(かめとやまぴー)は、ジャニーズの亀梨和也と山下智久のスペシャルユニットである。約12年ぶり、スペシャルユニットがカムバックである。楽曲「背中越しのチャンス」は、日本テレビ系土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」の主題歌。“青春アミーゴ”からおよそ12年。それぞれの道で互いに成長し、再びユニットを組むことになったその“必然性”と、聴く人の心に残る“懐かしさ”が印象的な、今の2人だからこそ表現できる明るく、そして温かな楽曲となっている。
  8. 効果音

    当サイトでは、定番効果音「黒電話」「電車の発車ベル」「F1の通過する音」「コンビニ入店音」など。スマートフォン、フィーチャーフォンで使用出来る効果音を用意しています。あの人気アニメで使われている効果音や、ドラマでキャストが使用している携帯着信音、パチンコの確定音、ホラー系やおもしろ効果音を数多く取り揃えております。
  9. Carpenters

    Carpenters (カーペンターズ) は、アメリカの兄妹ポップス・デュオである。楽器を兄のリチャードが受け持ち、ヴォーカルを妹カレンが担当。ロック全盛の1970年代において独自の音楽スタイルを貫き、大きな成功を収めた。1983年のカレンの死により活動を終えた。代表曲に「トップ・オブ・ザ・ワールド」や「プリーズ・ミスター・ポストマン」、「イエスタデイ・ワンス・モア」等がある。アルバムおよびシングルの総売上枚数は1億枚を上回るとされている。
  10. 関ジャニ∞(エイト)

    関ジャニ∞(かんジャニエイト)は、日本の男性アイドルグループである。メンバーは横山裕(よこやまゆう)、渋谷すばる(しぶたにすばる)、村上信五(むらかみしんご)、錦戸亮(にしきどりょう)、大倉忠義(おおくらただよし)、丸山隆平(まるやまりゅうへい)、安田章大(やすだしょうた)の7人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はテイチクエンタテインメント。略称は「エイト」で、ファンを「eighter(エイター)」という。代表曲は「急☆上☆Show!!」や「LIFE~目の前の向こうへ~」、「無責任ヒーロー」等がある。
  11. 菅田将暉

    菅田将暉(すだまさき)は、日本の俳優である。2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選し、その後2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、このコンテストがきっかけで所属事務所が決定した。 2013年には主演した「共食い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。 KDDIのTVCM「au三太郎シリーズ」の鬼ちゃん役で大ブレイク。「au BLUE CHALLENGE」のCMソングである「見たこともない景色」を歌っている。
  12. 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S

    安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S(あむろ なみえ うぃず すーぱーもんきーず)は、日本の女性アイドルグループ。安室奈美恵とMAXが所属していた源流グループであり、現在は解散している。東芝EMI所属。安室奈美恵をメインヴォーカルとしてセンターに置き、バックの4人がダンスサポートするスタイルで活動していた。1995年に発売された松浦勝人プロデュースの「TRY ME ~私を信じて~」がロングセラーとなり、73万枚を売り上げる大ヒットを記録。その後も立て続けにヒット作を世に出す。1995年から「THE夜もヒッパレ」にレギュラー出演もしていた。それと同時期に安室奈美恵を除いたダンサー4人がMAXとして活動を開始。安室奈美恵もまた、エイベックスへ移籍することになり、1996年の千葉マリンスタジアムでの公演を最後にグループの活動を停止した。
  13. 嵐(二宮和也)

    二宮和也(にのみや かずなり1983年6月17日生まれ)は、日本の歌手、俳優、タレント、アイドルグループ嵐のメンバーである。 愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。A型。ジャニーズ事務所所属。 1997年7月「STAND BY ME」で舞台初出演。1998年1月に「元旦特別企画・松本清張原作天城越え」でドラマ初出演。 1999年9月15日に「嵐」としてデビュー。11月3日「A・RA・SHI」でCDデビュー。 映画「硫黄島からの手紙」の演技が高く評価され、ジャニーズ初の日本アカデミー賞候補に選ばれた。 2005年に「硫黄島からの手紙」のオーディションを受けた。同映画監督のクリント・イーストウッドは、二宮主演の映画「青の炎」と台本を読んだ姿を撮ったビデオテープを観て「類まれなる才能」と評し、当初清水役を受けに来た二宮を西郷役に 採用し年齢設定など脚本を一部変更した。 また、アルバムの中ではソロ曲も発表しており、「メリークリスマス」、「Gimmick Game」「秘密」「0825日目の曲」などがある。 ちなみに、嵐の結成までは、櫻井、二宮、松本は夏前からレコーディングや振り付けを行っていたが、CDデビューすることは知らされていなかった。結成まで半数以上がデビューに対して後ろ向きであった。1999年9月15日、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビュー記者会見をする。 この時に初めて、嵐の結成、およびCDデビューが発表された。 「嵐」の名前の由来は、世界中に嵐を巻き起こすと言う意味で、 デビュー時に、嵐を世界中に巻き起こすと宣言した。 また、頭文字である「あ」や「A」がそれぞれ平仮名とアルファベットにおいて先頭にくる文字であるため、トップになりたいという願いも込められている。
  14. 童謡

    子供の歌と言えば、古くは「わらべ歌」と、明治時代に入ると学校教育用に作られた「唱歌(文部省唱歌)」の二つがあります。これらは、情操道徳教育を目的として、作られ継承されてきた歌です。 その後、これらとは異なる子供向けの芸術性の高い歌が「童謡」として、新しく作り出されてきました。童謡とは、児童雑誌「赤い鳥」の発刊を契機に大人が子供たちのために作った歌でした。この言葉は、明治、大正、昭和と時代を経て、様々な意味合いで用いられてきましたが、現在では、大人が子供向けに創作した歌全般(わらべ歌、抒情歌、唱歌、アニメソングも含む)のことを指しています。 代表曲としては、古くは、「シャボン玉」「汽車ぽっぽ」「犬のおまわりさん」をはじめ、昔から口伝えに歌い継がれてきた歌が多数あります。一方で、ラジオ・テレビ時代に至ってからは、「およげ!たいやきくん」や、NHKのみんなのうたから「山口さんちのツトム君」「だんご三兄弟」など様々な分野やテレビ番組から子供向けの歌が発信されるようになりました。
  15. Celine Dion

    アーティスト情報なし
  16. 葉加瀬太郎

    葉加瀬太郎(はかせたろう)は、大阪府吹田市生まれのヴァイオリニスト・ミュージシャンである。本名、髙田太郎(たかたたろう)旧姓・葉加瀬。妻はタレントの髙田万由子。身長178cm。代表作は「情熱大陸」。2010年9月から放送のNHKの連続テレビ小説『てっぱん』のテーマ曲と劇中音楽を手がけた。テーマ曲「ひまわり」は、子供の頃、父親が岡山県出身のため何度も訪れて遊んだ瀬戸内海をイメージして制作した。ほか、映画「冷静と情熱のあいだ」のイメージソングなどを手がけている。
  17. 太田裕美

    太田裕美(おおたひろみ)は、日本のシンガーソングライターである。1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビュー。キャッチフレーズは「まごころ弾き語り」。デビュー初期はフォーク調で、ピアノ弾き語りの曲が多かった。1975年、日本レコード大賞、日本歌謡大賞等で新人賞を受賞。1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット、翌1976年のオリコンチャート4位を記録。なお、NHK紅白歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で出場。
  18. THE BEATLES

    ザ・ビートルズ(The Beatles)は、イギリス・リヴァプール出身の4人組ロックバンド。メンバーはジョン・レノン(John Lennon)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、ジョージ・ハリスン(George Harrison)、リンゴ・スター(Ringo Starr)。デビュー曲は「ラヴ・ミー・ドゥ(Love Me Do)」その後も数々のヒット作を生み出し、全世界のスターとなった。代表作は数知れず「Help!(ヘルプ)」、「Hey Jude(ヘイ・ジュード)」、「Let It Be(レット・イット・ビー)」など。1966年に来日し、海外ロックバンドでは初めての日本武道館ライブを行った。
  19. 久石譲

    久石譲(ひさいしじょう)は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、指揮者である。 1950年12月6日生まれ、長野県中野市出身。 4歳からヴァイオリンを習い始め、幼少の頃は父親に連れられ年間300本もの映画を見ていた。 国立音楽大学作曲科在学中からコンサートのプロデュースや楽曲提供を行う。 またミニマル・ミュージックに影響を受け、現代音楽の作曲家として活動を開始する。 1984年、宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』の音楽を担当。 以降『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』などのジブリ映画を担当し、作曲家としての地位を確立する。 その他、北野武監督の映画『HANA-BI』や、滝田洋二郎監督の映画『おくりびと』など、映画を中心とした有名作品の音楽を続々と手がける。 また2001年には映画『Quartet カルテット』で自ら監督デビューを果たした。 その他の代表的な映画作品は、『紅の豚』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』、『菊次郎の夏』、『釣りバカ日誌2』、『男たちの大和/YAMATO』、『私は貝になりたい』、『悪人』、『東京家族』など。
  20. ザ・ドリフターズ

    ザ・ドリフターズとは、日本の音楽バンド兼コントグループ。結成は1956年辺りと言われており、この頃は純粋な音楽バンドでお笑いからは程遠い存在だった。いかりや長介が正式なリーダーとなった1964年以降の新生ドリフの方が一般的な認知度は高い。新生ドリフのメンバーはいかりや長介、荒井注、加藤茶、高木ブー、仲本工事、志村けん、すわしんじ。楽曲主体の音楽ネタを得意としていて、テレビ出演などメディアの露出が増えるにつれ、コントやギャグを中心に活動するコメディ集団へと変わっていった。1970年代頃から本格的なブレイクを果たし、「第12回日本レコード大賞大衆賞」を受賞、同年「ドリフのズンドコ節」で「第1回日本歌謡大賞放送音楽賞」をそれぞれ受賞している。中でも「ドリフのズンドコ節」は売り上げ枚数115万枚以上という大ヒットを記録した。