アーティストランキング

04月25日更新
  1. SMAP

    SMAP(スマップ)は、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルグループの一つ。メンバーは中居正広(なかいまさひろ)、木村拓哉(きむらたくや)、稲垣吾郎(いながきごろう)、草彅剛(くさなぎつよし)、香取慎吾(かとりしんご)の5人で構成されている。結成当初は森且行もいたが、オートレーサーの夢を叶えるために脱退。SMAPはアイドルとして音楽だけではなく、ドラマやバラエティ番組といった多方面の分野で活躍し、デビューから数十年を経た現在でも芸能界の第一線で活動している。名実ともに日本のトップアイドルの座に登りつめ、国民的人気を誇る。音楽分野ではデビュー当初こそ売上は芳しくなかったものの、12枚目のシングル「Hey Hey おおきに毎度あり」が初のオリコン1位に輝くとその後は数多くのヒット作に恵まれ、「夜空ノムコウ」や「らいおんハート」はミリオンヒットを記録した。またSMAPの一番の代表曲と言えるのが、ダブルミリオンを達成した「世界に一つだけの花」である。
  2. Mr.Children

    Mr.Children(ミスターチルドレン)は日本のロックバンドで「ミスチル」と呼ばれることが多い。メンバーはVo.桜井和寿(さくらいかずとし)、Gt.田原健一(たはらけんいち)、Ba.中川敬輔(なかがわけいすけ)、Dr.鈴木英哉(すずきひでや)の4人組。プロデューサーは小林武史(こばやしたけし)がデビュー当時から担当している。所属事務所は烏龍舎で所属レコード会社はトイズファクトリーである。ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。代表曲は、日本レコード大賞を受賞したコカ・コーラ「アクエリアス」CMソング「innocent world」や、妻夫木聡主演のTBS系ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌「Sign」、CX系ドラマ「若者のすべて」の主題歌でミリオンセラーを記録した「Tomorrow never knows」、CX系ドラマ「ピュア」主題歌「名もなき詩」、ノンタイアップシングル歴代1位の売上を記録した「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」等がある。
  3. 矢沢永吉

    アーティスト情報なし
  4. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  5. 米津玄師

    米津玄師(よねづけんし)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、イラストレーターである。「ハチ」名義でも活動。1991年3月10日生まれ、徳島県出身。 中学2年生からMTRを使用したオリジナル曲の製作を開始し、バンドを結成。高校卒業後は、美術系の専門学校に通いながらバンド活動を行い、ボーカルとベースを担当していた。 2009年よりニコニコ動画にて、初音ミクなどのVOCALOIDを用いたオリジナル曲を「ハチ」名義で投稿し始める。「マトリョシカ」「パンダヒーロー」など、ミリオン再生を超えるヒット曲を多数生み出した。 2012年5月、本名の「米津玄師」名義で自らがボーカルを担当した1stアルバム『diorama』をリリース。2013年5月1stシングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。2014年4月発売の2ndアルバム『YANKEE』に収録されている「アイネクライネ」は、東京メトロのCMソングに起用され注目を集めた。
  6. 栗原正己

    栗原正己(くりはらまさき)は、日本の作曲・編曲家、ミュージシャンである。4人組音楽グループ「栗コーダーカルテット」のメンバーとしても活動。東京都西多摩郡瑞穂町出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。 1980年代半ばより、作曲・編曲家としてのキャリアをスタートさせる。楽曲を提供したり音楽を担当した主な作品は、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』、『いないいないばあっ!』、『おかあさんといっしょ』、テレビ東京系アニメ『あずまんが大王』、テレビ東京系アニメ『毎日かあさん』、花王「キュキュット」(CM)、Sony「VAIO」(CM)、アヲハタ 「アヲハタジャム」篇(CM)など。 1992年の冬にリコーダーがマイブームとなり、1994年にリコーダーとウクレレをメインにした「栗コーダーカルテット」を結成。グループでは、リコーダー、ピアニカ、アンデス25、ウクレレ、メロフォン、エレクトリックベース等を担当している。
  7. 松任谷由実

    松任谷由実(まつとうやゆみ)は、日本のミュージシャンである。愛称はユーミン。夫はアレンジャー・松任谷正隆で、彼女の音楽プロデューサーを務める。彼女が始めた“見せる”ステージは、最新技術を積極的に取り入れた、コンサートの枠を超えた新たな一大エンターテイメントになっていった。1988年のアルバム『Delight Slight Light KISS』以降は8枚連続のミリオンセラーを連発。代表曲は「真夏の夜の夢」や「春よ、来い」、「Hello, my friend」等がある。
  8. 福山雅治

    福山雅治(ふくやままさはる)はシンガーソングライター、俳優である。愛称は「ましゃ」「ましゃ兄」「ましゃはる」「マサジ」等。所属事務所はアミューズで、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。1969年2月6生まれ、長崎県出身。 1988年、映画『ほんの5g』で俳優デビューし、1990年、1stシングル「追憶の雨の中」で歌手デビュー。1994年にリリースした9枚目のシングル「IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY」で、自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得した。続く10枚目のシングル「HELLO」もオリコン初登場1位を獲得し、2作連続でミリオンセラーを達成した。2005年、TBS系の恋愛バラエティ番組「ウンナンのホントコ! 未来日記 V」のテーマソングになった「桜坂」はダブルミリオンを達成している。 歌手や、俳優の他にもラジオDJ、ギタリスト、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、写真家等、多方面で活躍している。
  9. KAT-TUN

    KAT-TUN(カトゥーン)は、ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループである。2001年に結成し、2006年3月にメジャーデビューを果たした。当初のメンバーは亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、上田竜也、田中聖、中丸雄一の6名で構成されていたが、2010年に赤西仁、2013年に田中聖が脱退し、現在は残された4名で活動している。グループ名はメンバーのイニシャルをつなげており、また「勝運」や「漫画のように1ページ読むとまた次のページが読みたくなる」という意味から「cartoon(漫画)」とかけている。間のハイフンはファンのことである。代表曲はデビューシングルであり、オリコン年間ランキング1位を記録した「Real Face」ほかに「SIGNAL」「喜びの歌」など。
  10. Beverly

    Beverly(びばりー)は、フィリピン出身の歌手である。アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、驚きのハイトーン、そして突き抜けるボーカル力を発揮する世界レベルの実力派シンガー。2016年には夏フェス「a-nation」にてシューティングアクトに抜擢され、その圧倒的なパフォーマンスで多くの来場者から拍手喝采を浴びた。楽曲「I need your love」は、その卓越したライブパフォーマンスに惚れ込んだ小栗旬が、自身が主演するドラマのプロデューサーに紹介し、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌となった。
  11. NGT48

    NGT48(えぬじーてぃーふぉーてぃーえいと)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループである。AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループの7組目として結成。2017年4月12日に、シングル「青春時計」でメジャーデビューした。グループ立ち上げ時のメンバー26名のうち、平均年齢は16.7歳と、姉妹グループと比較して若干高かった。
  12. George Winston

    George Winston(ジョージ・ウィンストン)は、、アメリカ合衆国ミシガン州生まれでモンタナ州育ちのピアニスト・作曲家。日本では、アルバム「AUTUMN」に収録されている "Longing/Love" (あこがれ/愛)が最もよく知られていて、トヨタ・クレスタのCM曲、「NNN日曜夕刊」の「今週の動き」のBGMに使用されたほか、「箱根 彫刻の森美術館」のBGMに使用されている
  13. ザ・タイガース

    アーティスト情報なし
  14. The SHIGOTONIN

    アーティスト情報なし
  15. 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカル(うただひかる)は、日本の音楽家である。愛称はヒッキー。1998年12月9日デビュー。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300.0万枚を記録している。作詞・作曲・編曲を手掛け、自らプログラミングも行っている。代表曲は多数あり、「First Love」「SAKURAドロップス」「traveling」「Automatic」「光」「Flavor Of Life」「Beautiful World」など。
  16. 浜田省吾

    浜田 省吾(はまだ しょうご1952年12月29日生まれ)は、広島県竹原市生まれの日本のシンガーソングライターでロックミュージシャン。 広島県立呉三津田高校(野球部所属)卒業、神奈川大学法学部中退。 1975年、愛奴のメンバー(ドラムス)としてプロ・デビューし、デビュー時からサングラスがトレードマークである。 1976年にソロ・デビューし、メディア露出が極端に少ないけれど、地道なライブ活動によって確実にファンを獲得していく。 一般的に認知されているバラード楽曲の他にも父親の被爆体験より、日本や戦争を歌った楽曲も数多くある。 曲作りの上では歌詞を重要視しており、「歌を作ることは詞を書くこと」と考えているゆえ、「ロック=英語」という既成概念に疑問をもち、 日本語による歌詞や歌唱にこだわっていた。このことは以降のミュージシャンにも大きな影響を与えている。 山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこらなど、 ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。「MONEY」「愛という名のもとに」「片想い」「悲しみは雪のように」「I am a father」「あの娘は誰」などのヒット曲がある。
  17. 山本清香

    アーティスト情報なし
  18. iroha

    アーティスト情報なし
  19. ブルゾンちえみ & オースティン・マホーン

    ブルゾンちえみ & オースティン・マホーン(ぶるぞんちえみあんどおーすてぃんまほーん)は、日本の芸人ブルゾンちえみがネタのBGMとしてオースティン・マホーンの楽曲を使用していることがきっかけで、テレビ番組内で初対面をし、コラボ楽曲を発表することになったコラボ名義である。ブルゾンちえみのネタ”35億”のコラボ版「Dirty Work Blouson Chiemi Remix」が音源化され、話題となっている。
  20. TWICE

    TWICE(とぅわいす)は、韓国の女性アイドルグループ。グループ名のTWICEには「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。2015年10月デビュー。デビューから僅か44日で、2015 Mnet Asian Music Awardsの女性新人賞を受賞する。2016年1月、2015年の新人女性歌手の中でアルバム売上枚数1位を記録し、第30回ゴールデンディスク賞のアルバム部門で新人賞を受賞。楽曲「TT」は日本デビュー前にもかかわらず、オリコン週間アルバムランキングで10位にランクインした。