アーティストランキング

05月29日更新
  1. AKB48

    AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2005年に誕生した。メンバーは前田敦子(まえだあつこ)、大島優子(おおしまゆうこ)、篠田麻里子(しのだまりこ)、板野友美(いたのともみ)他、4チーム64人体制。プロデューサーは秋元康である。所属事務所はAKS、ホリプロ、太田プロダクション等(メンバーによって異なる)で、所属レコード会社はAKS、キングレコード。代表曲はレコード大賞を受賞した「フライングゲット」、「Everyday、カチューシャ」はいずれもミリオンセラーを記録。他にも数々の記録を残している。
  2. ディズニー

    The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)はアメリカ合衆国のエンターテインメント会社。1923年より経営を開始し、現在に至るまでアニメ映画、実写映画、テーマパークなど様々な事業を展開している。代表作は「白雪姫」「シンデレラ」「ピノキオ」「ピーターパン」「ダンボ」「アラジン」「美女と野獣」「リトルマーメイド」「リロ・アンド・スティッチ」、また実写映画ではジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ナルニア国物語」などが世界中で大ヒットしている。
  3. KinKi Kids

    KinKi Kids(キンキ キッズ)は日本の男性アイドルデュオで、「キンキ」と呼ばれることが多い。堂本光一(どうもとこういち)、堂本剛(どうもとつよし)の2人組。所属芸能事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジャニーズ・エンタテイメント。ジャニーズ事務所にとって初めてのデュオであり、初めての関西出身のグループとなった。 1997年7月、シングル「硝子の少年」、アルバム『A album』の同時発売でCDデビュー、共にオリコン初登場1位を獲得、ミリオンセラーを記録し、華々しいデビューを飾った。その他の代表曲「愛されるより 愛したい」、「フラワー」等でもミリオンヒットを記録。また、デビューシングルから31作連続で初登場1位を獲得し、ギネス記録を更新した。光一、剛ともにソロ活動も盛んで、舞台やバラエティ等でも活躍している。
  4. 久石譲

    久石譲(ひさいしじょう)は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、指揮者である。 1950年12月6日生まれ、長野県中野市出身。 4歳からヴァイオリンを習い始め、幼少の頃は父親に連れられ年間300本もの映画を見ていた。 国立音楽大学作曲科在学中からコンサートのプロデュースや楽曲提供を行う。 またミニマル・ミュージックに影響を受け、現代音楽の作曲家として活動を開始する。 1984年、宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』の音楽を担当。 以降『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』などのジブリ映画を担当し、作曲家としての地位を確立する。 その他、北野武監督の映画『HANA-BI』や、滝田洋二郎監督の映画『おくりびと』など、映画を中心とした有名作品の音楽を続々と手がける。 また2001年には映画『Quartet カルテット』で自ら監督デビューを果たした。 その他の代表的な映画作品は、『紅の豚』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』、『菊次郎の夏』、『釣りバカ日誌2』、『男たちの大和/YAMATO』、『私は貝になりたい』、『悪人』、『東京家族』など。
  5. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  6. 田中公平

    田中公平(たなかこうへい)は日本の作曲家、編曲家、歌手である。音楽プロダクション「イマジン」所属。主にアニメの楽曲を手がける。担当作品は『サクラ大戦』や『ONE PIECE』、『ドラゴンボール』等がある。オーケストラの使用、特に金管楽器とティンパニをストレートに用いた分かりやすいサウンドで、テレビ番組のBGMにもよく使用されている。時折、本名の他にモンリオ=エニコーネJr.などと名乗って歌も歌っている。
  7. 亀と山P

    亀と山P(かめとやまぴー)は、ジャニーズの亀梨和也と山下智久のスペシャルユニットである。約12年ぶり、スペシャルユニットがカムバックである。楽曲「背中越しのチャンス」は、日本テレビ系土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」の主題歌。“青春アミーゴ”からおよそ12年。それぞれの道で互いに成長し、再びユニットを組むことになったその“必然性”と、聴く人の心に残る“懐かしさ”が印象的な、今の2人だからこそ表現できる明るく、そして温かな楽曲となっている。
  8. 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカル(うただひかる)は、日本の音楽家である。愛称はヒッキー。1998年12月9日デビュー。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300.0万枚を記録している。作詞・作曲・編曲を手掛け、自らプログラミングも行っている。代表曲は多数あり、「First Love」「SAKURAドロップス」「traveling」「Automatic」「光」「Flavor Of Life」「Beautiful World」など。
  9. すぎやまこういち

    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一)は、日本の作曲家である。ゲーム作品『ドラゴンクエストシリーズ』では作曲を一貫して担当している。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、国家基本問題研究所評議員などでもある。以前はテレビディレクターとして数多くの音楽番組を手がけていたが、フリーディレクターになり、作曲活動に専念することを決め現在に至る。代表作品はゲームの『ドラゴンクエスト』や『不思議のダンジョン』、「亜麻色の髪の乙女」等がある。
  10. 三代目 J Soul Brothers

    J Soul Brothers(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)は、日本のダンス&ボーカルユニット。メンバーはNAOTO(ナオト)、NAOKI(ナオキ)、ELLY(エリー)、他4人の計7人組。1999年に結成、2001年に「EXILE」と改名したことにより同名義での活動を終了。 2007年に新たなメンバーで結成、2009年にEXILEへ加入することにより同名義での活動を終了。 2010年に新たなメンバーで結成。「三代目 J Soul Brothers」名義で現在活動中。代表曲は「FIGHTERS」や「リフレイン」、「Go my way」等がある。
  11. 越部信義

    越部信義(こしべのぶよし)は、日本の作曲家である。1933年8月21日生まれ、東京都出身。1957年、東京芸術大学作曲科卒業。卒業後は、作詞家・作曲家の三木鶏郎主宰のクリエイター集団『冗談工房』に所属し、三木氏に師事。 NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の番組内で流れる楽曲や、アニメソングを中心に、多数の作品を手掛けている。1963年「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞を、1985年に「上海バンスキング」で日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を受賞。その他の代表作品は、童謡「はたらくくるまシリーズ」、アニメ「鉄人28」、アニメ「パーマン」、アニメ「昆虫物語 みなしごハッチ」、TBS系「日立 世界ふしぎ発見!」など。
  12. Celine Dion

    アーティスト情報なし
  13. コブクロ

    コブクロは日本のフォークデュオ。黒田俊介(くろだしゅんすけ)、小渕健太郎(こぶちけんたろう)の2人組。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はミノスケオフィスコブクロであるが、研音と業務提携している。ユニット名は2人の名字、小渕(コブチ)と黒田(クロダ)から名づけた。 それぞれソロで路上ライブを行っていた2人が出会い、1998年に結成。2001年3月、メジャーデビューシングル「YELL~エール~/Bell」をリリースし、オリコン最高位4位を獲得。2005年12月に発売した5thアルバム『NAMELESS WORLD』では、シングル&アルバムを通して初のオリコンチャート1位を獲得、今作で初めてのミリオンセラーも達成した。同年の『第56回NHK紅白歌合戦』に初出場。 代表曲は、邦楽で初となる着うた配信で300万ダウンロードを突破した「蕾 (つぼみ)」、「桜」や「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」等がある。
  14. 浦島太郎(桐谷健太)

    浦島太郎(桐谷健太)(うらしまたろう(きりたにけんた))は、KDDI『au』CMで、俳優の桐谷健太が演じている浦島太郎のキャラクターである。 『au』では2015年1月より、桃太郎、浦島太郎、金太郎を主人公とした「三太郎」シリーズのCMを開始。 桃太郎(桃ちゃん)役を松田翔太、浦島太郎(浦ちゃん)役を桐谷健太、金太郎(金ちゃん)役を濱田岳が演じている。 その他の主な登場キャラクターは、かぐや姫(かぐちゃん)役を有村架純、乙姫(乙ちゃん)役を菜々緒、鬼(鬼ちゃん)役を菅田将暉が演じている。 7月にオンエアをスタートした「海の声」篇で桐谷健太演じる浦島太郎が、三線を弾きながら乙姫への想いを歌う楽曲「海の声」が、切ない、感動すると話題となる。 「海の声」は、BEGINがCMのために作曲したオリジナル楽曲。 YouTubeでの公開開始から2週間で再生回数が100万回を突破し、フルバージョンでの配信要望が多数寄せられた結果、auの音楽配信サービス「うたパス」、「LISMO Store」でフルバージョンが配信がスタートした。
  15. 濱田理恵

    アーティスト情報なし
  16. Perfume

    Perfume(パフューム)は、広島県出身の女性テクノポップユニットである。メンバーは大本彩乃(おおもとあやの)、樫野有香(かしのゆか)、西脇綾香(にしわきあやか)の3人組。プロデューサーは中田ヤスタカ(なかたやすたか)が担当している。所属事務所はアミューズで、所属レコード会社はPerfume Records / ユニバーサルJである。ファンクラブ名は「P.T.A.」。代表曲は「love the world」や「ワンルーム・ディスコ」、「スパイス」等でいずれもゴールドディスク認定作品である。ミュージシャン、芸人など男女を問わずファンであることを公言している有名人も多い。
  17. ユー&エクスプロージョン・バンド

    アーティスト情報なし
  18. 井上あずみ

    井上あずみ(いのうえあずみ、1965年2月10日 - )は、日本の女性歌手である。所属事務所はドレミ。高校卒業後の1983年シングル「STAR STORM」を出し、アイドル歌手としてデビュー。1986年、宮崎駿監督のアニメ映画『天空の城ラピュタ』にてエンディングテーマ「君をのせて」を歌い、その澄んだ歌声で一躍有名になる。これが評価されて、次作『となりのトトロ』では主題歌「となりのトトロ」およびオープニングテーマ「さんぽ」の2曲を歌唱。
  19. Mr.Children

    Mr.Children(ミスターチルドレン)は日本のロックバンドで「ミスチル」と呼ばれることが多い。メンバーはVo.桜井和寿(さくらいかずとし)、Gt.田原健一(たはらけんいち)、Ba.中川敬輔(なかがわけいすけ)、Dr.鈴木英哉(すずきひでや)の4人組。プロデューサーは小林武史(こばやしたけし)がデビュー当時から担当している。所属事務所は烏龍舎で所属レコード会社はトイズファクトリーである。ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。代表曲は、日本レコード大賞を受賞したコカ・コーラ「アクエリアス」CMソング「innocent world」や、妻夫木聡主演のTBS系ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌「Sign」、CX系ドラマ「若者のすべて」の主題歌でミリオンセラーを記録した「Tomorrow never knows」、CX系ドラマ「ピュア」主題歌「名もなき詩」、ノンタイアップシングル歴代1位の売上を記録した「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」等がある。
  20. Yuji Ohno & Lupintic Five

    Yuji Ohno & Lupintic Five(ゆうじおおのルパンティック・ファイブ)は、作曲家でジャズピアニストの大野雄二を中心とした6人組ジャズグループである。 現在のメンバーはピアノの大野雄二、ベースの井上陽介、ドラムの江藤良人、トランペットの松島啓之、サックスの鈴木央紹、ギターの和泉聡志。 長らくアニメ「ルパン三世」シリーズの音楽を手がけてきた大野がリリースしてきた人気カバーアルバム「LUPIN THE THIRD「JAZZ」」シリーズの記念すべき第10作目を製作するにあたって2006年に結成され、以後このメンバーで「ルパン三世」のサウンドトラックをリリースしている。 2009年には今井美樹とのコラボレートアルバム「Feelin' Good」をリリース、翌年にはセルフカバーアルバム「LUPIN THE THIRD ~the Last Job~」をリリース、2014年に3年半ぶりとなる5枚目のオリジナルアルバム「UP↑ with Yuji Ohno & Lupintic Five」をリリースする。 ツアーやライブも精力的に行い、日本全国のクラブハウスから会館さらにはライブハウスまで、あらゆる場所でグルーヴィーでスタイリッシュなジャズライブを繰り広げている。