アーティストランキング

02月21日更新
  1. 越部信義

    越部信義(こしべのぶよし)は、日本の作曲家である。1933年8月21日生まれ、東京都出身。1957年、東京芸術大学作曲科卒業。卒業後は、作詞家・作曲家の三木鶏郎主宰のクリエイター集団『冗談工房』に所属し、三木氏に師事。 NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の番組内で流れる楽曲や、アニメソングを中心に、多数の作品を手掛けている。1963年「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞を、1985年に「上海バンスキング」で日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を受賞。その他の代表作品は、童謡「はたらくくるまシリーズ」、アニメ「鉄人28」、アニメ「パーマン」、アニメ「昆虫物語 みなしごハッチ」、TBS系「日立 世界ふしぎ発見!」など。
  2. 池頼広

    アーティスト情報なし
  3. 菊池俊輔

    菊池俊輔(きくちしゅんすけ)は、日本の作曲家である。1931年11月1日生まれ、青森県弘前市出身。日本大学芸術学部音楽科卒業。映画、テレビドラマ、アニメなど多ジャンルにわたって音楽を手がけている。 幼少の頃から映画好きで、特に映画音楽に興味を持つようになり、日本大学芸術学部に進学。卒業後は、作曲家・木下忠司に師事。1961年、佐藤肇監督の『八人目の敵』で映画音楽のキャリアをスタートさせ、その後『黄金バット』、『昭和侠客伝』シリーズ、『トラック野郎・望郷一番星』など、多くの作品で音楽を手掛ける。並行して1963年からテレビ音楽の作曲も行うようになり、『キイハンター』、『Gメン'75』などの東映アクションドラマ、『スチュワーデス物語』、『スクール☆ウォーズ』などの大映ドラマ、『暴れん坊将軍』といった時代劇、『タイガーマスク』、『ドカベン』、『ドラえもん』、『Dr.スランプ アラレちゃん』、『ドラゴンボール』シリーズなどのアニメ、『仮面ライダー』シリーズ、『侍戦隊シンケンジャー』といった特撮作品など、多くのジャンルで活躍。 1973年には梶芽衣子が歌う映画『女囚さそりシリーズ』の主題歌「怨み節」が大ヒット。同曲は2003年にクエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビル』でも使用され、再び注目を集めた。
  4. 大野克夫バンド

    大野克夫バンド(おおのかつおバンド)は日本のバンド。大野克夫自身が所属していた井上堯之バンドが解散した1980年に結成。大野の個人バンド「フリーウェイズ」から発展したものであり、大野が作曲・プロデュースしたアイドル歌手のバックバンドをきっかけに本格的に始動。「太陽にほえろ!」の音楽を担当。現在放送されているアニメ「名探偵コナン」のテーマソングも同バンドの演奏である。
  5. 井上大輔

    アーティスト情報なし
  6. 小林亜星

    小林亜星(こばやしあせい)は、日本の作曲家。そのほかに作詞家、俳優、タレント、幾つかのCMソングや楽曲では歌手として歌うという幾つもの顔を持つ、マルチタレントでもある。 アストロミュージック所属。日本作詞作曲家協会(J-scat)理事。大日本肥満者連盟(大ピ連)初代会長を務めた。CMソングやテレビ主題歌にヒット曲、ロングランの曲が非常に多い。 楽曲「狼少年ケン」はアニメ「狼少年ケン」の主題歌を担当していて、ロッテ「Fit's」のCMやサントリー「BOSSレインボーマウンテン」のCMにも使われた。 日立グループCMソング「日立の樹」も担当している。
  7. 斉藤由貴

    斉藤由貴(さいとうゆき)は、日本の女優、歌手である。1966年9月10日生まれ、神奈川県出身。 1984年、第1回東宝「シンデレラ」オーディションで準グランプリを、第3回ミスマガジンでグランプリを受賞し、芸能活動をスタートさせる。テレビ初出演は、同年10月に放送された明星食品ののCM。 1985年2月、「卒業」で歌手デビュー。4月にはドラマ『スケバン刑事』に初主演。「卒業」は30万枚を売り上げるヒット、ドラマも人気を博し、一気にトップアイドルの仲間入りを果たした。以降、女優としてテレビ、映画、舞台に出演する他、ナレーションや、エッセイ等を執筆するなど、幅広く活躍している。 主な出演作品は、NHK朝の連続テレビ小説『はね駒』(1986年)、TBS系ドラマ『はいすくーる落書』(1989年)、TBS系ドラマ『吾輩は主婦である』(2006年)、映画『雪の断章 -情熱-』(1986年)他。 代表曲は、「卒業」(1985年)、「悲しみよこんにちは」(1986年)、「夢の中へ」(1989年、井上陽水のカバー曲)など。
  8. 大槻ケンヂと絶望少女達

    アーティスト情報なし
  9. クリスタルキング

    クリスタルキングは、日本のロックバンドで、ツインボーカルによる7人組ロックバンドとして名を馳せたが、現在はムッシュ吉崎によるソロプロジェクト。「大都会」をはじめ、「蜃気楼」、「瀬戸内行進曲(IN THE MOOD)」、「愛をとりもどせ!!」といったヒット曲がある。 デビューシングル「大都会」は150万枚以上のミリオンセラーを記録し、1980年の『第31回NHK紅白歌合戦』に出場。続いてリリースされた「蜃気楼」も資生堂のキャンペーンソングに起用され75万枚のヒットを記録した。『ザ・ベストテン』では「大都会」と「蜃気楼」で2曲連続1位を獲得した。
  10. ALI PROJECT

    ALI PROJECT(アリ・プロジェクト、蟻プロジェクト)は、日本の音楽ユニット。通称は「アリプロ」など。宝野アリカ(ボーカル・作詞)、片倉三起也(作曲・編曲)の2人組。ジャンルについては「ダークなロック・官能ゴシック・妖しいロリータ・極上バラード・きらびやかでキュートなポップスから大和ロック・現代音楽」などと形容されており、その振れ幅は広く、多彩なアプローチをとっている。代表曲は「聖少女領域」や「跪いて足をお嘗め」、「禁じられた遊び」等がある。主にアニメの主題歌になることが多い。
  11. テレサ・テン

    テレサ・テンとは、台湾出身の女性歌手で、1967年代から1995年に亡くなるまで、アジアの歌姫と呼ばれるほどの活躍をしました。アジア各国での人気はすごいもので、日本でも多くの人の心をゆさぶる歌をたくさん歌いました。歌唱コンテストで優勝したことからデビューし、アジアを中心に活動し、日本のレコード大賞も受賞しました。42歳という若さで亡くなったあと今でも、多くの人が彼女の曲を愛し、聴き続けています。 テレサ・テンの数ある代表曲の中でももっとも有名なものは、『時の流れに身をまかせ』で、実際に彼女の歌っている様子を見たことがない人でも一度は必ず聞いたことのあるような名曲です。日本語の曲ではありますが、中国語でのカバーもされている曲です。そのほか、『つぐない』や『愛人』などが特に代表的な曲です。彼女のきれいな声と素晴らしい歌唱力を発揮することのできる楽曲が多いことが特徴です。彼女の曲は人に感動を与えるという評価があります。
  12. ジョン・ウィリアムズ

    ジョン・ウィリアムズは、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の作曲家、指揮者である。アーウィン・アレン監督のテレビシリーズ『宇宙家族ロビンソン』(1965年)、『タイムトンネル』や映画『チップス先生さようなら』(1969年)、『屋根の上のバイオリン弾き』(1971年=アカデミー編曲賞)、『ポセイドン・アドベンチャー』(1972年)等の音楽担当として注目され、スティーヴン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』(1975年)の音楽がアカデミー作曲賞を受賞。名実ともに映画音楽の第一人者となる。一連のスティーヴン・スピルバーグ作品、ジョージ・ルーカス監督の映画『スター・ウォーズ』シリーズ、後述するオリンピックの開会式の音楽が知られる。
  13. SMAP

    SMAP(スマップ)は、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルグループの一つ。メンバーは中居正広(なかいまさひろ)、木村拓哉(きむらたくや)、稲垣吾郎(いながきごろう)、草彅剛(くさなぎつよし)、香取慎吾(かとりしんご)の5人で構成されている。結成当初は森且行もいたが、オートレーサーの夢を叶えるために脱退。SMAPはアイドルとして音楽だけではなく、ドラマやバラエティ番組といった多方面の分野で活躍し、デビューから数十年を経た現在でも芸能界の第一線で活動している。名実ともに日本のトップアイドルの座に登りつめ、国民的人気を誇る。音楽分野ではデビュー当初こそ売上は芳しくなかったものの、12枚目のシングル「Hey Hey おおきに毎度あり」が初のオリコン1位に輝くとその後は数多くのヒット作に恵まれ、「夜空ノムコウ」や「らいおんハート」はミリオンヒットを記録した。またSMAPの一番の代表曲と言えるのが、ダブルミリオンを達成した「世界に一つだけの花」である。
  14. 大杉久美子

    大杉久美子(おおすぎくみこ)は、日本の歌手。東京都出身である。血液型はA型。 テレビアニメ『アタックNo.1』の主題歌「アタックNo.1」をはじめ、『ジャングル黒べえ』や『エースをねらえ!』などの主題歌を歌ったほか、『ドラえもんのうた』のオリジナル歌手でもあり、多くの童謡・アニメソングを代表曲に持つ。卓越した歌唱力と包み込むような優しい歌声で、ささきいさお・堀江美都子・水木一郎とともに、1970年代の“アニソン四天王”の一人として活躍した。
  15. 荒井由実

    荒井由実(あらいゆみ)は、日本のミュージシャンである。愛称はユーミン。夫はアレンジャー・松任谷正隆で、彼女の音楽プロデューサーを務める。1975年に結婚し、現在は松任谷由実として活動している。彼女が始めた“見せる”ステージは、最新技術を積極的に取り入れた、コンサートの枠を超えた新たな一大エンターテイメントになっていった。代表曲は「やさしさに包まれたなら」や「ルージュの伝言」、「卒業写真」等がある。
  16. 大野雄二

    大野雄二(おおのゆうじ)は、日本のジャズピアニスト、作曲家、編曲家である。『ルパン三世』などのテレビアニメ・映画のテーマ音楽を数多く手がけている。実家は『おもひでぽろぽろ』や『ラブプラス+』にも登場する「ホテル大野屋」。日本テレビ音楽専属、フリーを経て、現在はバップ専属。同級生でもある石坂浩二主演の映画「犬神家の一族」の音楽を担当している。アニメ「ルパン三世」のルパン三世サブタイトルや登場キャラクターのテーマソングなども担当している。
  17. 栗原正己

    栗原正己(くりはらまさき)は、日本の作曲・編曲家、ミュージシャンである。4人組音楽グループ「栗コーダーカルテット」のメンバーとしても活動。東京都西多摩郡瑞穂町出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。 1980年代半ばより、作曲・編曲家としてのキャリアをスタートさせる。楽曲を提供したり音楽を担当した主な作品は、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』、『いないいないばあっ!』、『おかあさんといっしょ』、テレビ東京系アニメ『あずまんが大王』、テレビ東京系アニメ『毎日かあさん』、花王「キュキュット」(CM)、Sony「VAIO」(CM)、アヲハタ 「アヲハタジャム」篇(CM)など。 1992年の冬にリコーダーがマイブームとなり、1994年にリコーダーとウクレレをメインにした「栗コーダーカルテット」を結成。グループでは、リコーダー、ピアニカ、アンデス25、ウクレレ、メロフォン、エレクトリックベース等を担当している。
  18. 清岡千穂

    アーティスト情報なし
  19. Galileo Galilei

    アーティスト情報なし
  20. 明石家さんま

    アーティスト情報なし