アーティストランキング

02月16日更新
  1. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  2. 嵐(二宮和也)

    二宮和也(にのみや かずなり1983年6月17日生まれ)は、日本の歌手、俳優、タレント、アイドルグループ嵐のメンバーである。 愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。A型。ジャニーズ事務所所属。 1997年7月「STAND BY ME」で舞台初出演。1998年1月に「元旦特別企画・松本清張原作天城越え」でドラマ初出演。 1999年9月15日に「嵐」としてデビュー。11月3日「A・RA・SHI」でCDデビュー。 映画「硫黄島からの手紙」の演技が高く評価され、ジャニーズ初の日本アカデミー賞候補に選ばれた。 2005年に「硫黄島からの手紙」のオーディションを受けた。同映画監督のクリント・イーストウッドは、二宮主演の映画「青の炎」と台本を読んだ姿を撮ったビデオテープを観て「類まれなる才能」と評し、当初清水役を受けに来た二宮を西郷役に 採用し年齢設定など脚本を一部変更した。 また、アルバムの中ではソロ曲も発表しており、「メリークリスマス」、「Gimmick Game」「秘密」「0825日目の曲」などがある。 ちなみに、嵐の結成までは、櫻井、二宮、松本は夏前からレコーディングや振り付けを行っていたが、CDデビューすることは知らされていなかった。結成まで半数以上がデビューに対して後ろ向きであった。1999年9月15日、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビュー記者会見をする。 この時に初めて、嵐の結成、およびCDデビューが発表された。 「嵐」の名前の由来は、世界中に嵐を巻き起こすと言う意味で、 デビュー時に、嵐を世界中に巻き起こすと宣言した。 また、頭文字である「あ」や「A」がそれぞれ平仮名とアルファベットにおいて先頭にくる文字であるため、トップになりたいという願いも込められている。
  3. 郷ひろみ

    郷ひろみ(ごうひろみ)は、日本の歌手、俳優である。芸名は、ファンからの声援「レッツゴーひろみ」から拝借した。バーニングプロダクション所属。1972年、NHK大河ドラマ『新・平家物語』で俳優デビュー。1970年代は、西城秀樹、野口五郎と共に新御三家と呼称され人気を博した。1980年代に入ると、ニューヨークでボイストレーニングも学び、アイドル歌手から大人の魅力を持った本格派歌手への脱皮を図る。1998年に告白本『ダディ』を出版し話題になった。代表曲は、本人が初主演したANB系ドラマ「ちょっとしあわせ」主題歌「よろしく哀愁」、国鉄キャンペーンCMソング「2億4千万の瞳」、TBS系ドラマ「お見合いの達人」主題歌「言えないよ」等。TBS系ドラマ「ヤマダ一家の辛抱」の主題歌になった「GOLDFINGER '99」は、リッキー・マーティンの「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」のメロディに日本語の歌詞をのせた楽曲で、大ヒットした。
  4. ユー&エクスプロージョン・バンド

    アーティスト情報なし
  5. 大野克夫バンド

    大野克夫バンド(おおのかつおバンド)は日本のバンド。大野克夫自身が所属していた井上堯之バンドが解散した1980年に結成。大野の個人バンド「フリーウェイズ」から発展したものであり、大野が作曲・プロデュースしたアイドル歌手のバックバンドをきっかけに本格的に始動。「太陽にほえろ!」の音楽を担当。現在放送されているアニメ「名探偵コナン」のテーマソングも同バンドの演奏である。
  6. IZ*ONE

    アーティスト情報なし
  7. 米津玄師

    米津玄師(よねづけんし)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、イラストレーターである。「ハチ」名義でも活動。1991年3月10日生まれ、徳島県出身。 中学2年生からMTRを使用したオリジナル曲の製作を開始し、バンドを結成。高校卒業後は、美術系の専門学校に通いながらバンド活動を行い、ボーカルとベースを担当していた。 2009年よりニコニコ動画にて、初音ミクなどのVOCALOIDを用いたオリジナル曲を「ハチ」名義で投稿し始める。「マトリョシカ」「パンダヒーロー」など、ミリオン再生を超えるヒット曲を多数生み出した。 2012年5月、本名の「米津玄師」名義で自らがボーカルを担当した1stアルバム『diorama』をリリース。2013年5月1stシングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。2014年4月発売の2ndアルバム『YANKEE』に収録されている「アイネクライネ」は、東京メトロのCMソングに起用され注目を集めた。
  8. SEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI(せかいのおわり)とは、2007年に結成された日本のバンドで、略称はセカオワ。メンバーは深瀬慧(ふかせさとし)、中島真一(なかじましんいち)、藤崎彩織(ふじさきさおり)、LOVE(ラブ)の4人組。所属事務所はLastrumで、所属レコード会社はTOY'S FACTORY。代表曲は「INORI」や「スターライトパレード」、「眠り姫」等がある。バンド名は「色々上手くいかなくて、自分にとって世界が終わったような生活を送っていた頃に、残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう、という想いを込めて。」
  9. ささきいさお

    ささきいさお(1942年5月16日 - )は、日本の歌手、俳優、声優・ナレーター。数々のアニメ・特撮作品の主題歌を歌い、『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』の主題歌が一世を風靡し、ミリオンセラーを記録。2011年には、声優業での長年の活躍を評価され、第5回声優アワード功労賞を受賞。アニソン歌手としての人気は国内だけでなく国外においても高く、アニメソング界の大王とも呼ばれている。
  10. 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカル(うただひかる)は、日本の音楽家である。愛称はヒッキー。1998年12月9日デビュー。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300.0万枚を記録している。作詞・作曲・編曲を手掛け、自らプログラミングも行っている。代表曲は多数あり、「First Love」「SAKURAドロップス」「traveling」「Automatic」「光」「Flavor Of Life」「Beautiful World」など。
  11. FLOW

    FLOW(ふろう)は、1998年に結成された日本のロックバンドである。ツインボーカル形式の男性5人組バンド。2003年1月、インディーズで海援隊の「贈る言葉」のカバーをリリースし、30万枚以上を売り上げるヒットを記録。同年7月、シングル「ブラスター」でKi/oon Recordsよりメジャーデビュー。2003年7月、シングル「ブラスター」をリリースし、メジャーデビュー。2004年4月、4thシングル「GO!!!」をリリース。オリコンチャート3週連続TOP10入り。代表曲は「DAYS」「Garden~Summer Edit~」「Re:member」「ありがとう」などがある。
  12. KinKi Kids

    KinKi Kids(キンキ キッズ)は日本の男性アイドルデュオで、「キンキ」と呼ばれることが多い。堂本光一(どうもとこういち)、堂本剛(どうもとつよし)の2人組。所属芸能事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジャニーズ・エンタテイメント。ジャニーズ事務所にとって初めてのデュオであり、初めての関西出身のグループとなった。 1997年7月、シングル「硝子の少年」、アルバム『A album』の同時発売でCDデビュー、共にオリコン初登場1位を獲得、ミリオンセラーを記録し、華々しいデビューを飾った。その他の代表曲「愛されるより 愛したい」、「フラワー」等でもミリオンヒットを記録。また、デビューシングルから31作連続で初登場1位を獲得し、ギネス記録を更新した。光一、剛ともにソロ活動も盛んで、舞台やバラエティ等でも活躍している。
  13. ピンクレディー

    ピンク・レディーは、1970年代後半に活躍したデュオのアイドル。ミー(現:未唯mie、本名:根本美鶴代、1958年3月9日生まれ 、A型、静岡県静岡市葵区出身)とケイ(現:増田恵子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)、1957年9月2日生まれ、O型、静岡県静岡市葵区出身)の2人組。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけていた。「サウスポー」や「透明人間」などのように、男女の恋愛をテーマとしていない曲も、当時の歌謡曲には見られない特徴的なものであった。他にも、「ペッパー警部」「渚のシンドバッド」UFOブームを反映した「UFO」などが代表曲としてあげられる。
  14. PRODUCE 48

    アーティスト情報なし
  15. 嵐(松本潤,櫻井翔)

    嵐が2017年にリリースした16枚目のアルバム『「untitled」』、これまでのアルバムにはメンバーのソロ曲が収録されてきたが、このアルバムの通常盤には初めてメンバー2人もしくは3人によるユニット曲が収録されており、「Come Back」は松本潤と櫻井翔の2人によって歌われている。 松本潤:1983年8月30日生まれ、2005年のコンサートの際に透明のアクリル板でできた可動式のステージで、その上でアーティストが歌って踊りながら観客の頭上を通過していく「ムービングステージ」を発案、その後様々なアーティストが使用する人気の演出となった。 櫻井翔:1982年1月25日生まれ、嵐の楽曲におけるラップ詞を全て手がけており、通称サクラップと呼ばれている。アメリカ同時多発テロ事件をきっかけに報道に携わりたいという気持ちを持ち始め、2006年からはニュースキャスターとしても活躍、オリンピックのメインキャスターも勤めている。
  16. 嵐(松本潤,二宮和也,大野智)

    嵐が2017年にリリースした16枚目のアルバム『「untitled」』、このアルバムの通常盤には初めてユニット曲が収録されており、「夜の影」は松本潤、二宮和也、大野智の3人によって歌われている。 松本潤:1983年8月30日生まれ、2005年のコンサートの際に透明のアクリル板でできた可動式のステージで、その上でアーティストが歌って踊りながら観客の頭上を通過していく「ムービングステージ」を発案、その後様々なアーティストが使用する人気の演出となった。 二宮和也:1983年6月17日生まれ、演技力が高く評価されており、2005年に「硫黄島からの手紙」でハリウッドデビュー、2015年には「母と暮せば」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に選ばれた。 大野智:1980年11月26日生まれ、嵐のリーダーでメインボーカル、コンサートでは振り付けも手がけている。芸能活動と並行して創作活動を続け、個展を開催したり作品集を発売するなど高い評価を得ている。
  17. 嵐(相葉雅紀,二宮和也)

    嵐が2017年にリリースした16枚目のアルバム『「untitled」』、これまでのアルバムにはメンバーのソロ曲が収録されてきたが、このアルバムの通常盤には初めてメンバー2人もしくは3人によるユニット曲が収録されており、「UB」は相葉雅紀と二宮和也の2人によって歌われている。 相葉雅紀:1982年12月24日生まれ、他のメンバーが全員東京都出身のA型の中、唯一千葉県出身のAB型である。2016年にはNHK紅白歌合戦で単独で司会を勤め、美空ひばり以来46年ぶり史上2人目の司会&大トリの大役を果たしている。 二宮和也:1983年6月17日生まれ、演技力が高く評価されており、2005年に「硫黄島からの手紙」でハリウッドデビュー、2015年には「母と暮せば」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に選ばれた。自他ともに認めるゲーマーとして知られており、休日には家から一歩も出ずに一日中ゲームをしていることもあるという。
  18. 嵐(相葉雅紀,大野智,櫻井翔)

    嵐が2017年にリリースした16枚目のアルバム『「untitled」』、このアルバムの通常盤には初めてユニット曲が収録されており、「バズりNIGHT」は相葉雅紀、大野智、櫻井翔の3人によって歌われている。 相葉雅紀:1982年12月24日生まれ、他のメンバーが全員東京都出身のA型の中、唯一千葉県出身のAB型である。2016年にはNHK紅白歌合戦で単独で司会を勤め、美空ひばり以来46年ぶり史上2人目の司会&大トリの大役を果たしている。 大野智:1980年11月26日生まれ、嵐のリーダーでメインボーカル、コンサートでは振り付けも手がけている。芸能活動と並行して創作活動を続け、個展を開催したり作品集を発売するなど高い評価を得ている。 櫻井翔:1982年1月25日生まれ、嵐の楽曲におけるラップ詞を全て手がけており、通称サクラップと呼ばれている。ニュースキャスターとしても活躍しており、オリンピックのメインキャスターも勤めている。
  19. Daito Music

    Daito Music(だいとミュージック)は、パチンコ・パチスロ機メーカー大都技研が販売している機種に搭載されている、オリジナル楽曲を製作しているサウンドチームである。 大都技研は1980年にエース電研販売として設立、その後社名の変更を経て1993年に大都販売の傘下に入り、1997年に現在の社名になる。 2003年に発売されたパチスロ「吉宗」が26万台を売り上げる大ヒットとなりシャアが大幅に拡大、続く2005年に発売された「押忍!番長」も25万台を突破する大ヒットとなり、一躍有名メーカーの仲間入りを果たした。 楽曲は人気アーティストによるタイアップではなく自社で製作を行っており、「遊戯者が熱くなれる楽曲」、「遊戯者がノレる楽曲」、「機種の演出・ギミックと音楽が上手く絡み合い面白いと感じさせるための拘り」を考えて製作されている 特に「吉宗」シリーズや「押忍!番長」シリーズで非常に高い評価を得ており、サウンドトラックも発売され好調なセールスを記録し、パチンコファン以外にも人気を集めている。
  20. NGT48

    NGT48(えぬじーてぃーふぉーてぃーえいと)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループである。AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループの7組目として結成。2017年4月12日に、シングル「青春時計」でメジャーデビューした。グループ立ち上げ時のメンバー26名のうち、平均年齢は16.7歳と、姉妹グループと比較して若干高かった。