アーティストランキング

11月22日更新
  1. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  2. TOKIO

    TOKIO(トキオ)は、日本の男性アイドルグループである。メンバーは城島茂(じょうしましげる)、山口達也(やまぐちたつや)、国分太一(こくぶんたいち)、松岡昌宏(まつおかまさひろ)、長瀬智也(ながせともや)の5人組。所属芸能事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はJ Storm。ライブなどでは楽器交換をして演奏することもあり、自分の担当楽器以外も演奏することができる。代表曲は「AMBITIOUS JAPAN!」や「宙船」、「Mr.Traveling Man」等がある。
  3. すぎやまこういち

    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一)は、日本の作曲家である。ゲーム作品『ドラゴンクエストシリーズ』では作曲を一貫して担当している。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、国家基本問題研究所評議員などでもある。以前はテレビディレクターとして数多くの音楽番組を手がけていたが、フリーディレクターになり、作曲活動に専念することを決め現在に至る。代表作品はゲームの『ドラゴンクエスト』や『不思議のダンジョン』、「亜麻色の髪の乙女」等がある。
  4. ディズニー

    The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)はアメリカ合衆国のエンターテインメント会社。1923年より経営を開始し、現在に至るまでアニメ映画、実写映画、テーマパークなど様々な事業を展開している。代表作は「白雪姫」「シンデレラ」「ピノキオ」「ピーターパン」「ダンボ」「アラジン」「美女と野獣」「リトルマーメイド」「リロ・アンド・スティッチ」、また実写映画ではジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ナルニア国物語」などが世界中で大ヒットしている。
  5. Kristen Bell & Idina Menzel

    Kristen Bell & Idina Menzel(クリスティン・ベル・アンド・イディナ・メンゼル)は、ディズニー映画「アナと雪の女王」で姉妹のヒロインの声を演じた、クリスティン・ベルとイディナ・メンゼルによるデュエットである。 クリスティン・ベルは、1980年7月18日、ミシガン州生まれの女優。「アナと雪の女王」では、主人公・アナを演じている。 イディナ・メンゼルは、1971年5月30日、ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。ミュージカル『ウィキッド』でトニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したミュージカル女優。「アナと雪の女王」では、アナの姉で雪の女王・エルサを演じた。 映画の挿入歌「生まれて初めて(For the First Time in Forever)」を2人で歌唱している。 「アナと雪の女王」は2013年にアメリカで公開され、第86回アカデミー賞では長編アニメ賞と、主題歌「Let it go(レット・イット・ゴー)」が歌曲賞を受賞。映画と共にサントラCDがヒットするなど、音楽にも注目が集まる作品となった。 日本語吹き替えでは、アナの声を神田沙也加が、エルサの声を松たか子が演じ、同曲も2人でデュエットしている。
  6. Idina Menzel

    Idina Menzel(イディナ・メンゼル)は、アメリカ合衆国の女優、歌手である。1971年5月30日生まれ、ニューヨーク州ロングアイランド出身。 1996年、ミュージカル『Rent(レント)』で、主人公の元恋人役・モーリーン役を演じ、ブロードウェイデビュー。トニー賞にノミネートされるなど高く評価され、一躍注目を集めた。 2003年にミュージカル『Wicked(ウィキッド/ウィケッド)』に出演。全身緑色をした西の悪い魔女エルファバ役を演じ、今作で2004年のトーミー賞ミュージカル主演女優賞を受賞した。 ブロードウェイ・ミュージカルの出演を中心に、ドラマ『glee(グリー)』への出演や、歌手としてもアルバムをリリースしている。 2013年にアメリカで公開され、日本でも翌2014年に公開されたディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』では、雪の女王・エルサの声を演じた。劇中では、映画の主題歌にもなっている「Let it go(レット・イット・ゴー)」を、センセーショナルに歌い上げた。
  7. 久石譲

    久石譲(ひさいしじょう)は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、指揮者である。 1950年12月6日生まれ、長野県中野市出身。 4歳からヴァイオリンを習い始め、幼少の頃は父親に連れられ年間300本もの映画を見ていた。 国立音楽大学作曲科在学中からコンサートのプロデュースや楽曲提供を行う。 またミニマル・ミュージックに影響を受け、現代音楽の作曲家として活動を開始する。 1984年、宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』の音楽を担当。 以降『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』などのジブリ映画を担当し、作曲家としての地位を確立する。 その他、北野武監督の映画『HANA-BI』や、滝田洋二郎監督の映画『おくりびと』など、映画を中心とした有名作品の音楽を続々と手がける。 また2001年には映画『Quartet カルテット』で自ら監督デビューを果たした。 その他の代表的な映画作品は、『紅の豚』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』、『菊次郎の夏』、『釣りバカ日誌2』、『男たちの大和/YAMATO』、『私は貝になりたい』、『悪人』、『東京家族』など。
  8. 安室奈美恵

    安室奈美恵は、日本を代表する女性歌手でありダンサー。所属事務所はヴィジョンファクトリーで所属レコード会社はエイベックス、レーベルはDimension Pointである。ソロになる前はダンスグループ「SUPER MONKEY'S」のメンバーとして芸能活動を開始、センターボーカルをつとめる。その後「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」と名義を改め、ソロデビュー作の「TRY ME~私を信じて~」が73万枚を超えるといよいよソロ活動が目立っていく。1996年9月の公演を最後にグループ活動は休止、解散となった。ソロ歌手となった安室は「TRY ME」発売直後から小室哲哉のプロデュースを受けており、次々と10代歌手としての記録を塗り替えていった。リリースする楽曲はミリオンセラーを連発し、音楽だけではなくファッションに関しても多大な影響を世間に与え、社会現象になった。日本レコード大賞や日本ゴールドディスク大賞など数々の受賞をしている。代表曲は「Can you celebrate?」「Don't wanna cry」「Chase the Chance」「A Walk In The Park」など。
  9. TWICE

    TWICE(とぅわいす)は、韓国の女性アイドルグループ。グループ名のTWICEには「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。2015年10月デビュー。デビューから僅か44日で、2015 Mnet Asian Music Awardsの女性新人賞を受賞する。2016年1月、2015年の新人女性歌手の中でアルバム売上枚数1位を記録し、第30回ゴールデンディスク賞のアルバム部門で新人賞を受賞。楽曲「TT」は日本デビュー前にもかかわらず、オリコン週間アルバムランキングで10位にランクインした。
  10. Auli'i Cravalho

    Auli'i Cravalho(あうりーくらばーりょ)は、ハワイのオアフ島出身の女優である。ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「モアナと伝説の海」の主人公・モアナの声優に抜擢されて話題になった。同作の主題歌「How Far I'll Go」も歌っている。同作は、米アカデミー賞の前しょう戦である、第74回ゴールデングローブ賞で、アニメーション映画賞、主題歌賞にノミネートされている。
  11. A応P

    A応P(エーおうピー)は、『アニメ“勝手に”応援プロジェクト』から誕生した、日本の女性アイドルグループである。 2012年、「アニメを愛する女の子たちを集めたら何かできるかも?」と、全員アニメ好きのメンバーにて結成された。 メンバーは、天音まりな(あまねまりな)、荻野沙織(おぎのさおり)、桜奈里彩(さくらなりさ)、巴奎依(ともえけい)、広瀬ゆうき(ひろせゆうき)、福緒唯(ふくおゆい)、水希蒼(みずきあおい)。 2013年4月、AT-Xからシングル「Never Say Neve」でデビュー。 2014年には、アニメ『ダイヤのA』のキャスト若菜(加地綾乃)、吉川春乃(遠藤ゆりか)、藤原貴子(山口立花子)、梅本幸子(花守ゆみり)、夏川唯(高橋花林)とともに、ダイヤのA応援プロジェクト「D応P」として、エンディングテーマ「未来へつなげ」を担当した。 2015年9月、テレビ東京系アニメ『おそ松さん』のオープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」をリリースした。
  12. Cast of Frozen

    Cast of Frozen(キャスト・オブ・フローズン)は、ディズニー映画「アナと雪の女王」に出演するキャスト達による歌唱である。同映画のサウンドトラックでは、主要キャストではないキャラクター達が複数で歌唱している楽曲については、Cast of Frozen(キャスト)名義になっている。主な楽曲は、「氷の心(Frozen Heart)」、「愛さえあれば(Fixer Upper)」など。 「氷の心(Frozen Heart)」は、映画の冒頭、男たちが池に張った氷を掘り出すシーンで使用された。サウンドトラックCDでも1曲目に収録されている。「愛さえあれば(Fixer Upper)」は、クリストフの大切な仲間であるトロールたちが、クリストフの良さをアナに聴かせる歌である。 「アナと雪の女王」は、2013年11月に公開(日本での公開は2014年3月)されたアニメーション映画で、映画とともにサウンドトラックCDが大ヒット。主題歌や挿入歌が全世界で社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなった。
  13. Kristen Bell,Agatha Lee Monn,Katie Lopez

    Kristen Bell,Agatha Lee Monn,Katie Lopez(クリスティン・ベル、アガサ・リー・モン、ケイティー・ロペス)は、2013年公開(日本での公開は2014年)のディズニー映画「アナと雪の女王」の劇中歌「Do You Want to Build a Snowman?(雪だるまつくろう)」を歌唱している名義である。 同曲は主人公・アナが、心を閉ざしてしまった姉・エルサに訴えかける楽曲で、幼少時代のアナの声を担当したケイティー・ロペス(歌のみ)、子供時代のアナを演じたアガサ・リー・モン、現在のアナを演じたクリスティン・ベルによって、順番に歌い継がれている。日本語吹き替え版ではそれぞれ、稲葉菜月、諸星すみれ、神田沙也加が声を担当した。 「アナと雪の女王」は第86回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と、主題歌の「Let it go」(レット・イット・ゴー)が歌曲賞を受賞。映画だけでなく主題歌、劇中曲も話題となった。大ヒットしたサウンドトラックCDに「Do You Want to Build a Snowman?(雪だるまつくろう)」も収められている。
  14. Randy Newman

    Randy Newman(らんでぃーにゅーまん)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターである。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で音楽を専攻していた頃にソングライターとして活動を始め、ジーン・ピットニー、アーマ・トーマスらに曲を提供し、数々のヒット曲を生んだ。1970年代はオリジナル・アルバム中心に作品を発表していたが、1980年代以降は徐々にサウンドトラックの制作がメインとなっていく。『トイ・ストーリー』などのピクサー作品の多くに楽曲を提供しており、2002年のアカデミー賞では『モンスターズ・インク』のテーマ曲「君がいないと」でアカデミー歌曲賞を受賞した。実に16回目のノミネートにして悲願の受賞で、「非常に長い年月の苦難をサンキュー!」と彼らしいジョークの効いたコメントをした。 2013年に、ロックの殿堂入りを果たした。
  15. サザンオールスターズ

    サザンオールスターズは、1978年にデビューした日本を代表するバンドで、現在のメンバーはボーカル、ギターの桑田佳祐、ベースの関口和之、ドラムスの松田弘、キーボードの原由子、パーカッションの野沢秀行の5人となっており、たびたび活動を休止し、それぞれがソロとしての活動を行っている。 1978年6月25日にデビューシングル「勝手にシンドバッド」を発売するも売り上げは芳しくなかったが、テレビ出演が増えると共に徐々にチャートを伸ばしていった。 自身最大の293万枚を売り上げた「TSUNAMI」を始めとし、「いとしのエリー」、「チャコの海岸物語」、「エロティカ・セブン」、「彩 ~Aja~」など数々のヒット作を生み出し、2014年に発売された「東京VICTORY」までで通算55枚のシングルを発売している。 前作から活動休止期間も含めおよそ10年ぶりとなる通算15枚目のアルバム「葡萄」が2015年3月31日に発売、4月からは全国ツアーもスタートした。
  16. ケツメイシ

    ケツメイシは、日本の男性ヒップホップグループである。メンバーは、大蔵(ダイゾウ:MC、リーダー)、RYO(リョウ:MC)、RYOJI(リョウジ:ボーカル&MC)、DJ KOHNO(ディージェイ コウノ:DJ)の4人組。1993年RYOを中心に結成、1996年より現メンバーでの活動が始まる。インディーズ時代にシングル、アルバムを発表し、2001年4月、シングル「ファミリア」でメジャーデビュー。2002年2月リリースの4thシグル「トモダチ」で、初のオリコンシングルチャート・トップ10入りを果たす。2002年4月発売のメジャー第1弾アルバム『ケツノポリス2』はアルバムチャート1位を記録。CDの売り上げを徐々に伸ばし、2005年2月にリリースした11枚目のシングル「さくら」で、初のオリコンシングルチャート1位を獲得した。 発表したアルバム名は全て『ケツノポリス』と数字で明記されており、『ケツノポリス2』『ケツノポリス3』とリリース毎に数字が増えて行く。 その他の代表曲は、「夏の思い出」「涙」「君にBUMP」「旅人」など。
  17. 桑田佳祐

    桑田佳祐(くわたけいすけ)は、日本のミュージシャン、シンガーソングライターである。また、バンド「サザンオールスターズ」のボーカル兼リーダーも務めている。1956年2月26日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。青山学院大学在学中よりバンド活動を行い、メンバーチェンジとバンド名の変更を繰り返した後、1978年「勝手にシンドバッド」でサザンオールスターズとしてメジャーデビュー。バンドでは、ボーカル・ギターと作詞・作曲も手掛けている。 1982年にメンバーの原由子と結婚。原の産休に伴いサザンオールスターズが休業期間に入り、本格的にソロ活動を開始した。1986年に1年間限定のソロ・プロジェクト『KUWATA BAND』を結成し、「BAN BAN BAN」でデビュー。1987年10月には『桑田佳祐』名義でソロデビューシングル「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」を発売した。以降、バンド活動との並行や休業を繰り返し、ソロとしても活動している。また、1990年には映画『稲村ジェーン』の監督を務めた。 代表曲は、「真夜中のダンディー」「波乗りジョニー」「白い恋人達」など。
  18. 加藤ミリヤ

    加藤ミリヤ(かとうミリヤ)は、日本の女性シンガーソングライター、ファッションデザイナー、小説家である。所属事務所はYARDで、所属レコード会社はMASTERSIX FOUNDATION。自身でデザインする洋服のファッションブランド「Kawi Jamele」(カウイ・ジャミール)をスタートさせ、小説『生まれたままの私を』で小説家デビューも果たしている。代表曲は「ジョウネツ」や「20 -CRY-」、「BYE BYE」等がある。
  19. May J.

    May J.は、日本の歌手である。現在の所属レーベルはrhythm zone。語学や音楽、コンピューター学校の経営をする両親の影響を受け、幼い頃からバレエ・声楽・ピアノ・作詞作曲を学ぶ。西洋音楽からアジア、中東民族音楽など幅広い範囲の音楽教育を受けて育ち、天才的な歌唱力を身につけた。ちなみに父親は関西生まれの生粋の日本人だが、母親はペルシャとロシアとスペインとイギリスとトルコと様々な血が混じったハーフである。また青山テルマ、宇多田ヒカル、一青窈などが在籍していたアメリカンスクール・イン・ジャパンハイスクールに通っていた。2006年にキューンレコードからデビューを果たす。テレビ朝日の番組「関ジャニの仕分け∞」に出演し、その圧倒的な歌唱力を披露したことにより、その知名度が飛躍的に上昇した。
  20. DAOKO × 米津玄師

    DAOKO × 米津玄師(だをこよねづけんし)は、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?」の主題歌、「打上花火」を歌ったコラボ名義である。作詞・作曲は米津玄師が担当している。「打上花火」は映画と共に大ヒットし、日本レコード協会によるゴールドディスク認定では、10万以上のデジタル・ダウンロードを記録し、有料配信のゴールド認定を受けている。