アーティストランキング

08月15日更新
  1. 嵐(あらし)は日本の男性アイドルグループである。メンバーはリーダーの大野智(おおのさとし)、櫻井翔(さくらいしょう)、相葉雅紀(あいばまさき)、二宮和也(にのみやかずなり)、松本潤(まつもとじゅん)の5人組。所属事務所はジャニーズ事務所で、所属レコード会社はジェイ・ストームである。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められている。 1999年結成、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。オリコンシングル週間ランキングで1位を獲得した。以後音楽だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、映画、バラエティ、などで幅広く活躍する国民的アイドルグループとなった。 代表曲は、松本潤主演のTBSドラマ「花より男子」主題歌「WISH」「Love so sweet」、櫻井翔主演のTBS系ドラマ「特上カバチ!!」主題歌「Troublemaker」、大野智主演のNTV系ドラマ「怪物くん」主題歌「Monster」、相葉雅紀主演のCX系ドラマ「ラストホープ」主題歌「Calling」、二宮和也主演の映画「プラチナデータ」主題歌「Breathless」など。 ほとんどのシングルは初登場1位を記録している。特に、両A面シングル「Calling/Breathless」は、初動発売数が75.6万枚を超えた。
  2. 安室奈美恵

    安室奈美恵は、日本を代表する女性歌手でありダンサー。所属事務所はヴィジョンファクトリーで所属レコード会社はエイベックス、レーベルはDimension Pointである。ソロになる前はダンスグループ「SUPER MONKEY'S」のメンバーとして芸能活動を開始、センターボーカルをつとめる。その後「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」と名義を改め、ソロデビュー作の「TRY ME~私を信じて~」が73万枚を超えるといよいよソロ活動が目立っていく。1996年9月の公演を最後にグループ活動は休止、解散となった。ソロ歌手となった安室は「TRY ME」発売直後から小室哲哉のプロデュースを受けており、次々と10代歌手としての記録を塗り替えていった。リリースする楽曲はミリオンセラーを連発し、音楽だけではなくファッションに関しても多大な影響を世間に与え、社会現象になった。日本レコード大賞や日本ゴールドディスク大賞など数々の受賞をしている。代表曲は「Can you celebrate?」「Don't wanna cry」「Chase the Chance」「A Walk In The Park」など。
  3. 米津玄師

    米津玄師(よねづけんし)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、イラストレーターである。「ハチ」名義でも活動。1991年3月10日生まれ、徳島県出身。 中学2年生からMTRを使用したオリジナル曲の製作を開始し、バンドを結成。高校卒業後は、美術系の専門学校に通いながらバンド活動を行い、ボーカルとベースを担当していた。 2009年よりニコニコ動画にて、初音ミクなどのVOCALOIDを用いたオリジナル曲を「ハチ」名義で投稿し始める。「マトリョシカ」「パンダヒーロー」など、ミリオン再生を超えるヒット曲を多数生み出した。 2012年5月、本名の「米津玄師」名義で自らがボーカルを担当した1stアルバム『diorama』をリリース。2013年5月1stシングル「サンタマリア」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。2014年4月発売の2ndアルバム『YANKEE』に収録されている「アイネクライネ」は、東京メトロのCMソングに起用され注目を集めた。
  4. 三代目 J Soul Brothers

    J Soul Brothers(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)は、日本のダンス&ボーカルユニット。メンバーはNAOTO(ナオト)、NAOKI(ナオキ)、ELLY(エリー)、他4人の計7人組。1999年に結成、2001年に「EXILE」と改名したことにより同名義での活動を終了。 2007年に新たなメンバーで結成、2009年にEXILEへ加入することにより同名義での活動を終了。 2010年に新たなメンバーで結成。「三代目 J Soul Brothers」名義で現在活動中。代表曲は「FIGHTERS」や「リフレイン」、「Go my way」等がある。
  5. 井上あずみ

    井上あずみ(いのうえあずみ、1965年2月10日 - )は、日本の女性歌手である。所属事務所はドレミ。高校卒業後の1983年シングル「STAR STORM」を出し、アイドル歌手としてデビュー。1986年、宮崎駿監督のアニメ映画『天空の城ラピュタ』にてエンディングテーマ「君をのせて」を歌い、その澄んだ歌声で一躍有名になる。これが評価されて、次作『となりのトトロ』では主題歌「となりのトトロ」およびオープニングテーマ「さんぽ」の2曲を歌唱。
  6. 欅坂46

    欅坂46(けやきざかフォーティーシックス)は、日本の女性アイドルグループである。 秋元康がプロデュースする「乃木坂46」の姉妹グループ。 「坂道シリーズ第2弾」として2015年8月21日、乃木坂46の結成から4年後の同じ日・同じ場所で誕生しました。 2015年2月に行われた乃木坂46のライブにて『乃木坂46 新プロジェクトメンバー1期生募集決定』が発表され、全応募者2万2500人の中から合格した22人で結成されました。 当初はグループ名を「鳥居坂46」としていましたが、メンバーのお披露目の際に「欅坂46」として活動していくことも発表されました。 同年10月~は、テレビ東京系列の日曜深夜枠で初の冠番組『欅って、書けない?』の放送がスタート。 2016年1月に、『ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2016 ALL LIVE NIPPON VOL.4』にて、初のライブパフォーマンスを披露。 そして同年4月、シングル「サイレントマジョリティー」でソニー・ミュージックエンタテインメントからメジャーデビューを果たしました。
  7. 家入レオ

    家入レオ(いえいりレオ)は日本の女性歌手である。所属事務所は研音で、所属レコード会社はビクターエンタテインメント。尾崎豊の「15の夜」を聴いて歌手を志す。音楽プロデューサー西尾芳彦主宰の「音楽塾ヴォイス」に通い、2012年2月15日発売のアニメ『トリコ』のエンディングテーマ「サブリナ」でデビューを果たした。2ndシングル「Shine」は、ドラマ『カエルの王女さま』の主題歌に抜擢された。今後の活躍に目が離せない。
  8. 渡辺岳夫

    アーティスト情報なし
  9. すぎやまこういち

    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一)は、日本の作曲家である。ゲーム作品『ドラゴンクエストシリーズ』では作曲を一貫して担当している。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、国家基本問題研究所評議員などでもある。以前はテレビディレクターとして数多くの音楽番組を手がけていたが、フリーディレクターになり、作曲活動に専念することを決め現在に至る。代表作品はゲームの『ドラゴンクエスト』や『不思議のダンジョン』、「亜麻色の髪の乙女」等がある。
  10. Mr.Children

    Mr.Children(ミスターチルドレン)は日本のロックバンドで「ミスチル」と呼ばれることが多い。メンバーはVo.桜井和寿(さくらいかずとし)、Gt.田原健一(たはらけんいち)、Ba.中川敬輔(なかがわけいすけ)、Dr.鈴木英哉(すずきひでや)の4人組。プロデューサーは小林武史(こばやしたけし)がデビュー当時から担当している。所属事務所は烏龍舎で所属レコード会社はトイズファクトリーである。ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。代表曲は、日本レコード大賞を受賞したコカ・コーラ「アクエリアス」CMソング「innocent world」や、妻夫木聡主演のTBS系ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌「Sign」、CX系ドラマ「若者のすべて」の主題歌でミリオンセラーを記録した「Tomorrow never knows」、CX系ドラマ「ピュア」主題歌「名もなき詩」、ノンタイアップシングル歴代1位の売上を記録した「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」等がある。
  11. AAA

    AAA(トリプルエー)は、日本の男女7人組のパフォーマンスグループである。エイベックスに所属している。メンバーは西島隆弘(にしじま たかひろ)宇野実彩子(うの みさこ)浦田直也(うらた なおや)日高光啓(ひだか みつひろ)興真司郎(あたえ しんじろう)末吉秀太(すえよし しゅうた)伊藤千晃(いとう ちあき)で、それぞれが別オーディションで合格して結成された。。グループ名の由来はAttack All Aroundの頭文字をとったもので、「全てのことに挑戦する」という意味が込められており、AAAの活動は歌やダンスに留まらず、各メンバーが映画や舞台、ドラマ、モデルなど幅広い分野に挑戦している。代表曲は、「恋音と雨空」「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」「MIRAGE」など。
  12. Gackt

    Gackt(がくと)は日本の男性シンガーソングライター兼俳優である。所属レコード会社はエイベックス。現在の芸名はGACKT(読み方は一緒)たまに神威楽斗(かむい がくと)の名前で楽曲を出す。当初はソロではなくグループ活動をしていた。ピアノと声楽を学び、ドラムスとして活動した後にボーカルへと転身したGacktは、1995年から1991年までMALICE MIZERの2代目ボーカルを担当。MALICE MIZERを脱退した後に『Gackt Job』を立ち上げ、ソロ活動を始めた。2000年には個人事務所も設立している。2007年にはNHK大河ドラマ「風林火山」に準主役ともいえる上杉謙信役として出演するなど、芸の幅を広げている。同年にYOSHIKIらと新バンド「S.K.I.N.」を結成した。さらにこの年にリリースした「RETURNER ~闇の終焉~」にて、自身初のオリコンシングルチャート1位に輝くなど精力的な活動が展開された。またヤマハの音声合成技術VOCALOIDが搭載されたボーカル音源ソフト、がくっぽいどの元の歌声を担当しており、ニコニコ動画で開催された「がくっぽいどコンテスト」の作品審査でグランプリに選ばれた楽曲をカバーしたCDも発売している。代表曲は「RETURNER~闇の終焉~」「Metamorphoze~メタモルフォーゼ~」など。
  13. 中島みゆき

    中島 みゆき (なかじま みゆき、本名:中島 美雪(読み同じ)。生年月日は、1952年2月23日。北海道札幌市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。失恋歌とラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い支持を受け続けている。 公式ファンクラブ名は「なみふく」である。 オリコンで4つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得した(1970年代:「わかれうた」、1980年代:「悪女」、1990年代:「空と君のあいだに/ファイト!」、「旅人のうた」、2000年代:「地上の星/ヘッドライト・テールライト」)唯一のソロ・アーティストでもある。デビュー前はコンテストによく出場しており、本人曰く、コンテストに出場したのは交通費や弁当代が支給されるので、バイト代わりであったと述べている。大学卒業後は帯広に帰り、家業を手伝う傍ら、アマチュア活動を続ける。ジャズ喫茶オーディオのマスター、渡辺晃が主催した「自由集団」の企画で多くのステージを踏み、デビュー前に地元では既に多くのファンを獲得しており、オリジナル曲は既に100曲以上存在していた。
  14. KEN☆Tackey

    KEN☆Tackey(ケンタッキー)は、滝沢秀明とV6の三宅健の2人によるデュオユニットである。 2016年に滝沢が座長を務める「滝沢歌舞伎」に三宅が出演、これまでは毎年キャストを変えて公演していたが、好評だったため2017年も三宅が再出演、2018年にも出演することが決まるとともに、初日会見でユニット結成とCDデビューをすることが発表された。 「滝沢歌舞伎」で披露された後、7月18日にデビューシングル「逆転ラバーズ」をリリース、ケンタッキーフライドチキンのCMソングに起用された。 また、通常盤のカップリング曲にはこれまで「滝沢歌舞伎」で披露されていた「浮世艶姿桜」、「Love」、「蒼き日々」の3曲が収録されている。 特に「Love」は滝沢が作曲、三宅が作詞を担当、2016年のエンディング曲として披露されて以来毎年披露されている曲で、今回のCD化にあたり歌詞の一部を新たに書き下ろしている。 「逆転ラバーズ」はオリコンウィークリーチャートで1位を獲得、売り上げは10万枚を突破した。
  15. ミゲル(石橋陽彩)

    アーティスト情報なし
  16. 成底ゆう子

    アーティスト情報なし
  17. DAOKO × 米津玄師

    DAOKO × 米津玄師(だをこよねづけんし)は、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?」の主題歌、「打上花火」を歌ったコラボ名義である。作詞・作曲は米津玄師が担当している。「打上花火」は映画と共に大ヒットし、日本レコード協会によるゴールドディスク認定では、10万以上のデジタル・ダウンロードを記録し、有料配信のゴールド認定を受けている。
  18. EXILE THE SECOND

    EXILE THE SECOND(エグザイル・ザ・セカンド)は、日本のダンス&ボーカルユニットである。 所属事務所はLDH所属、所属レーベルはrhythm zone。以前のグループ名は「THE SECOND from EXILE」。 EXILEのメンバー5人によって構成される。 メンバーはKENCHI(ケンチ/パフォーマー)、KEIJI(くろきけいじ/パフォーマー)、TETSUYA(テツヤ/パフォーマー)、SHOKICHI(ショウキチ/ボーカル&パフォーマー)、NESMITH(ネスミス/ボーカル&パフォーマー)。 2012年7月の『EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~』最終日に、EXILEの派生ユニットとして結成されたことを発表。 同年11月、映画『悪の教典』の主題歌となったデビューシングル「THINK 'BOUT IT!」をリリースし、オリコン週間シングルランキングで2位を獲得した。 2014年2月にリリースした1stアルバム『THE II AGE』は初登場1位を記録し、シングル・アルバムを通して初めての1位獲得となった。 2016年5月、グループ名を「THE SECOND from EXILE」から「EXILE THE SECOND」に変更。
  19. 越部信義

    越部信義(こしべのぶよし)は、日本の作曲家である。1933年8月21日生まれ、東京都出身。1957年、東京芸術大学作曲科卒業。卒業後は、作詞家・作曲家の三木鶏郎主宰のクリエイター集団『冗談工房』に所属し、三木氏に師事。 NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の番組内で流れる楽曲や、アニメソングを中心に、多数の作品を手掛けている。1963年「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞童謡賞を、1985年に「上海バンスキング」で日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を受賞。その他の代表作品は、童謡「はたらくくるまシリーズ」、アニメ「鉄人28」、アニメ「パーマン」、アニメ「昆虫物語 みなしごハッチ」、TBS系「日立 世界ふしぎ発見!」など。
  20. 嵐(櫻井翔)

    櫻井 翔(さくらい しょう、1982年1月25日生まれ)は、日本のタレント、歌手、俳優、司会者、キャスター、アイドル、 アイドルグループ嵐のメンバーである。 東京都港区出身。AB型。ジャニーズ事務所所属。 1999年9月15日に「嵐」としてデビュー。11月3日「A・RA・SHI」でCDデビュー。2000年4月、慶應義塾大学経済学部に進学。 2006年10月、NNN「NEWS ZERO」月曜キャスターに就任する。2008年8月、日本テレビ「2008北京オリンピック」メインキャスターを務める。 2003年の11枚目のシングル「言葉より大切なもの」以降、ラップ部分の歌詞は全て櫻井自身が手がけている。 また、アルバムの中ではソロ曲も発表しており、「Hey Yeah!」、「Fly on Friday」「T.A.B.O.O」「Hip Pop Boogie」などがある。 ちなみに、嵐の結成までは、櫻井、二宮、松本は夏前からレコーディングや振り付けを行っていたが、CDデビューすることは知らされていなかった。結成まで半数以上がデビューに対して後ろ向きであった。1999年9月15日、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビュー記者会見をする。 この時に初めて、嵐の結成、およびCDデビューが発表された。 「嵐」の名前の由来は、世界中に嵐を巻き起こすと言う意味で、 デビュー時に、嵐を世界中に巻き起こすと宣言した。 また、頭文字である「あ」や「A」がそれぞれ平仮名とアルファベットにおいて先頭にくる文字であるため、トップになりたいという願いも込められている。